笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【意味わかる?】例えの秀逸なことわざ「蛞蝓(なめくじ)の江戸行き」

風刺や知識、教訓などをわかりやすく伝える「ことわざ」。聞いたことがないものもたくさんあると思いますが、だからこそ、状況に合ったことわざをスッと使いこなせるようになったらカッコイイですよね。

「例えの秀逸なことわざ」では、スマートな例え話で相手の心をグッと掴めるかもしれないことわざをご紹介します。含蓄ある表現を言葉の引き出しに備えておくことで、注目を集めることができそうですね。

蛞蝓の移動速度で江戸まで行くのは果てしない

ことわざの意味や逸話

「蛞蝓(なめくじ)の江戸行き」とは、動きのゆっくりな蛞蝓(なめくじ)が江戸へ行くという例えから、ノロノロして全く捗らないということの例えです。

類義語には、蛞蝓の京詣りがあります。

最大で30cmにもなるというバナナナメクジでも、1秒間に約8cmほどしか進みません。そんな速度で野を越え山を越え…なかなか果てしないですね。

読み書き

蛞蝓(なめくじ)はなかなかの難読漢字。覚えられない場合は、カタカナで書くことをお勧めします。余談ですが蛞蝓は、ナメクジラ、ナメクジリと呼ぶ地域もあるんです。

例文

「お前はいつも残業ばっかりして、仕事が遅いのが問題なんだ。蛞蝓の江戸行きかってんだ」

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET