笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ことわざ「商いは牛の…」の続き知ってる? 意味:商売は地道さが大事である

風刺や知識、教訓などをわかりやすく伝える「ことわざ」。聞いたことがないものもたくさんあると思いますが、だからこそ、状況に合ったことわざをスッと使いこなせるようになったらカッコイイですよね。

今回は「ことわざの続き知ってる?」と題して、珍しいことわざをご紹介します。読むと昨日よりちょっと賢くなれるかも。

牛の涎(よだれ)はゆっくりと滴る

「商いは牛の涎」の説明

ことわざの意味や逸話

「」とは、牛の涎(よだれ)は切れ目なく細く長く伸びることから、あれもこれもと手を付けて大儲けしようとするのではなく、たとえ商売の規模が小さくても、実直にコツコツ続けることが大切という意味です。

牛のよだれをまじまじ見ることは少ないものの、なんだか粘り強さが伝わってきますね。特にコロナ禍での飲食店にとっては、特に重みのある言葉と言えそうです。商売だけでなく、何事もコツコツと積み上げていくのが成功への近道ですよね。

読み書き

気をつけるべきは「商い(あきない)」の読み方。また、「涎(よだれ)」は書くとなるとなかなか難易度の高い漢字ですので、ひらがなを使うなど工夫しましょう。

例文

「大変だった時期もありましたが、商いは牛の涎というようにコツコツ続けてきたお陰で常連さんで溢れるお店になりました」

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET