笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

7月15日は《ファミコンの誕生日》 3〜40代がハマった懐かしのゲーム実況・紹介動画 4連発

今の子どもたちは存在すら知らない可能性もある、ファミリーコンピューター通称「ファミコン」。1983年の7月15日に発売が開始されたことにちなんで、毎年7月15日は「ファミコンの日」ということになっています。

そこで今回は、YouTubeに投稿されている、懐かしい「ファミコンゲーム」の裏技動画・実況動画をいくつかご紹介します。

スーパーマリオブラザーズの裏技

ファミコンのゲームといえば、不朽の名作『スーパーマリオブラザーズ』が頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか。実際にプレイした人の中には、裏技を調べるのが好きだった人も多いはず。YouTubeに投稿されているスーマリの裏技動画の中で人気が高いのは、mariobanana2さんが投稿したこちらの動画です。

https://youtu.be/-4T7koCRylk

14年前に投稿され、390万再生をオーバー。今なおYouTubeの検索上位に上がってくる動画です。mariobanana2さんは他にもマリオカートやスーパーマリオ64のゲームプレイ動画を投稿していますが、13年前以降チャンネルの動画は更新はされていません。

藤川&上原は野球ゲームに大興奮

元プロ野球選手の藤川球児さんは、1986年にナムコから発売された『プロ野球ファミリースタジアム』で、同じく元プロ野球選手の上原浩治さんと対決。その様子を自身のチャンネル「藤川球児の真向勝負」に投稿しています。

https://youtu.be/nYRuF1jnf4M

当時のスター選手についてあれこれ話しながら、ゲームを進めていきます。まるで少年に戻ったのかのように、楽しそうにプレイしているのが印象的です。ゲームをすると、誰でも童心に返ってしまうのかも。

ファミコンで最も怖いゲーム

ファミコンのゲームには、子どもがプレイしたらトラウマになりかねない、怖いゲームがいくつか存在しています。その中でも有名なのは、1989年にカプコンから発売された『スウィートホーム』というゲームです。ゲーム実況者としてチャンネル登録者数が200万人を超えるレトルトさんが、2020年に実況動画を投稿しています。

https://youtu.be/VeEAiiAHfUw

同じく1989年に公開された実写映画『スイートホーム』を原作として製作されたこちらのゲームは、独特のシステムと完成度の高さから、今でも根強い人気を維持しているようです。

ファミコンミニで童心に返ろう

ファミコンは2016年に、ファミコンミニとして手のひらサイズで蘇りました。本体には、懐かしき30本の名作ソフトが収録されています。機材の紹介で大人気なYouTuberの瀬戸弘司さんは、実際に使ってみた様子を自身のチャンネルで紹介。

https://youtu.be/EdSp_AZgQ3w

「箱もこんな感じだったよな」「やっぱ昔のゲームの絵と音楽いいわ」など、懐かしむ声がたくさん寄せられています。今の大人たちにとって、忘れられない青春の思い出がたくさん詰まっているのかもしれませんね。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET