笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

当たり屋のやり口…!超甘えたがり娘の「だいぶ無理のある便乗」に和んだ

大人から注意を向けられるのが大好きな子供。なんとか構ってもらおうと、時に突拍子のないことをやってしまう場合もありますよね。

インスタグラムで活躍されるとびさんは先日「必要以上に心配されようとする娘ちゃん」を描いた漫画を公開されました。

ある日、児童館にてお友達が投げた新聞紙のボールが自分の足に当たったのに気が付いた娘ちゃん。「ボール、ごめんね?」と謝ってくれたお友達のお母さんを見て「甘えられるチャンスだ!」と言わんばかりに「イタイイタイ」と主張します。

ボール、ごめんね? 提供:とびさん

過剰に反応しすぎる娘ちゃんを見てママは「やり口が当たり屋やん…」とのコメントをこぼすのでした…。

やり口が当たり屋…。提供:とびさん

本編を読む

甘えたがる子供の可愛さを描いたこの漫画には「気付いていないのに、即座に乗っかるのが面白い」「うちの息子も明らかに治ってるカサブタを見ては痛い痛いアピールをしてくる」などのコメントが寄せられました!

インタビュー

投稿者のとび(@rechimom)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

とびさん:娘が1歳過ぎた位からインスタで描き始めたように思います。もともと絵日記をノートに何度か書いてましたが、その度三日坊主になってしまって…😅反応がもらえるインスタに投稿するのは、私に合っていたみたいです✨

――痛がる娘ちゃんを見て、どのような気持ちになりましたか?

とびさん:「さすがに新聞紙が当たっても痛くはないでしょー」と思いました😅でもまぁ、色んな人に甘えたいお年頃なのかな、とも思いましたね☺️

――子育てで一番癒される瞬間はどんな時ですか?

とびさん:子供の笑顔や寝顔を見たときです。あと音痴なんですけど、歌を聞かせてくれるときです。うまく口が回らなかったり、音がズレてたりしてるんですが、それがまた面白くて笑ってしまいます😂

――最後に、今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

とびさん:今後も絵日記を描き続けたいです。それと、過去に離乳食に苦労したり、夜泣きに苦労したりと、他にも結構悩んだことがあったので、そこでの気付きをイラストでまとめられたらなぁと思っています。今丁度、出産の時のことをまとめていますが、そういう感じでやっていこうかなと思ってます😊

 

子供ってふとした時に周りの大人をクスッと笑わせてくれるものですね。甘えられるチャンスを決して逃さない娘ちゃんの過剰反応に、思わず笑みが溢れてしまう投稿でした。

作品提供・取材協力:とび@育児絵日記

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET