笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

給食、高学年の姉…。懐かしすぎる「小学生時代の思い出」になんか涙出てきた

学校生活を語る上で、切っても切り離せないのが給食に関するあれこれ。配膳時のトラブルや、デザートのジャンケンなどなど、我々の記憶に深く残り続けるイベントでしたよね。

SNS上で思い出漫画家として活躍される仲曽良ハミさんは先日「給食の思い出」を描いた漫画を公開されました。

あらすじ

配膳のお手伝いに来てくれた6年生のお兄さんお姉さんをみて、大きく優しい姿に憧れを描いていた小学一年生の少年。ある日、自分のお姉ちゃんがお手伝いに来てくれました…。

頼もしい6年生。提供:仲曽良ハミさん

周りに姉弟であることがバレたくない少年は、アイコンタクトで「他人のフリをするように」と伝えます。

周りにバレたくない。提供:仲曽良ハミさん

続けて「人参を入れるな」「大盛りにして」と合図を出すものの、伝わらず。落胆しながら舌打ちして後にする弟に対して、憤りを隠せない姉なのでした…。

伝わらない合図。提供:仲曽良ハミさん

本編を読む

懐かしい給食の雰囲気と、少年心を的確に描いた当漫画には「1年生から見ると6年生はもう大人でした」「久しぶりに給食が食べたくなった」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者の仲曽良ハミ(@nakasorahami8330)さんにお話を伺いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでSNSで漫画を書き始めたのでしょうか?

仲曽良ハミさん:3年程前から描いています。雑誌連載など以外にも漫画で活動が出来るのか試してみたかったのがありました。

――姉弟であることがバレたくない気持ちの正体は、なんだと思いますか?

仲曽良ハミさん:友達に知られるのが恥ずかしいからじゃないでしょうか…wちょっとわかりませんね。

――もしも過去に戻って一度だけ給食を楽しめるとしたら、どんなメニューを食べたいですか?

仲曽良ハミさん:地域によってあるかないか分かりませんが、ソフト麺が食べたいです。

――最後に、今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

仲曽良ハミさん:先ずはブログを沢山の方にみてもらいたいです。あとは書籍化も出来る様に頑張ります。

 

いつ思い出しても懐かしく、温かい気持ちになる給食の雰囲気。みなさんが一番テンションが上がったメニューは何でしたか?

作品提供・取材協力:仲曽良ハミ✒︎思い出漫画家
ブログ:しなのんちのいくる

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET