笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

夫「きっかけは1歳半…」妻が急に始めた《アダ討ち子育て術》の絵面がパワフルすぎる件

育児において意外と大変なのが、子供が転んだり何かに身体をぶつけてしまった時の対処法。子供の心を落ち着けて泣き止ませるまでの道のりって、意外と長くて苦労しますよね。インスタグラムで活躍される鉄拳パパさんは先日「娘ちゃんが泣いてしまった時の対処法」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

結構な頻度でものに身体をぶつけて泣いてしまうという娘ちゃん。その日も例に漏れず、壁に頭をぶつけてしまいました…。

頭をぶつけてしまう。提供:鉄拳パパさん

泣きながらぶつかった箇所を指さす娘ちゃん。すると、仰々しい面持ちでママが駆け寄ってきて…。

すかさず駆け寄るママ。提供:鉄拳パパさん

本編を読む

独特なスタイルの対処法を綴ったこの漫画には「うちも同じでした」「壁の殴られ方ww」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者の鉄拳パパ(@tekken_ikuji)さんにお話を伺いました。

――「仇討ちスタイルの教育」はいつから始まったのでしょうか?

鉄拳パパさん:一歳半ぐらいだと思います。子供が歩き出し勝手に障害物にぶつかり、何かちょっと被害を訴えるようなオーラを出し始めてから妻の敵討ちが始まりました。

――鉄拳パパさんが思う、この教育方針のメリットはなんですか?

鉄拳パパさん:子供に対してあなたが大事だよアピールにはなりますが、やりすぎは他人のせいにし過ぎることになり良く無いと思います笑

――育児において特に「大変だなぁ」と思うことはなんですか?

鉄拳パパさん:ぶつかって泣いた5分後にまたぶつかって泣きすがってくるところです。

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

鉄拳パパさん:同じようにぶつかった家財を攻撃する攻撃的な親御さん方が何名もいらっしゃいました。

 

 

とってもユニークな方法で、子供の溜飲を下げるこの手法。やりすぎはよくありませんが、たまにならアリ…かも知れませんね😇

作品提供・取材協力:鉄拳パパ (男性の育休推奨中)

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET