Young woman by a fireplace on Christmas

【僕もです】1人でクリスマスを過ごす人の生態25選

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

1. 「何でキリスト教徒でもないのにはしゃいでんの?」と心の中で思う。


1

 

2. でも、本当は誰かとはしゃぎたい気持ちでいっぱい。


2

 

3. 精神攻撃を仕掛けてくるクリスマスソングたち。


3

 

4. 「ク〜リスマスが今年もや〜ってくる〜♪」をつい口ずさみそうになりブレーキを掛ける。


4
amazon

 

5. 大量発生するサンタに納得がいかない。


SONY DSC

 

6. サンタなんかいないと思いつつも枕元に靴下。


Small Christmas stocking and Santa hat on white sparkle backgrou

 

7. 売れ残っているケーキを見ると仲間意識が芽生える。


7

 

8. たまにボッチ仲間から裏切り者が出る。そいつに対する憎しみは他のカップルへの比ではない。


8

 

9. せめてもの腹いせにホワイトクリスマスにならないことを切に願っている。


9

 

10. そもそもクリスマスイブとクリスマスがあやふや。


10

 

11. 恋人と2人でイルミネーションを見て、少し高いレストランに行って、プレゼントを交換して、手を繋いで家まで帰って、今日の出来事の余韻に浸って、そのあと・・・までの妄想を無限に繰り返す。


11

 

12. 年賀状を書くことに勤しむ。


12

 

13. 「いつも通り、いつも通り・・・」と自分に暗示をかける。


13

 

14. クリスマスを1番多く一緒に過ごした人はお母さん。


Baby trying to smear mothers nose with flour while making christmas cookies

 

15. クリスマスのディズニーランドの絶対に侵入できない聖域感。


15

 

16. SNSなどでクリスマスを楽しんでる報告があるとにわかに殺気立つ。


businessman at work

 

17. 23日が終わるギリギリまで奇跡を信じる。


christmas boy praying

 

18. そして、翌日に奇跡は起こらないと毎年思い知らされる。


Part of a series dealing with holiday and seasonal depression.

 

19. サンタの起源について調べてから意外と怖い存在だと知りそっとパソコンを閉じる。


So many letters

 

20. サンタやトナカイの姿になった各社マスコットを破壊したい衝動に駆られる。


Part of a series dealing with holiday and seasonal depression.

 

21. ただ、サンタのコスプレをした可愛い娘やイケメンにチラシを配られると貰ってしまう。


21

 

22. クリスマスが平日だったときの安心感とざまぁみろ感は異常。


happy male friends with vuvuzela watching sports

 

23. 「同性といる方が楽しいし(本当は悔しいです・・・)」


domestic life

 

24. 何だかんだで、仲の良さそうな家族を見かけると凄いホッコリする。


24

 

25. 来年こそはと思う。去年もそう思っていたけれど。


25