japan

今年だけで既に5本!日本を舞台にした海外アーティストのミュージックビデオ

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

先日公開されたアメリカのロックバンドOK Go「I Won't Let You Down」のミュージックビデオが、話題を集めました。

ホンダ電動一輪車に乗ったOK Goメンバーと、2400人のダンサーによる一糸乱れぬ振り付けが最高にクール!
この超複雑なパフォーマンスを、ドローンを使いワンカットで撮影。
Youtubeにアップされたこの動画は、6日間で1000万再生を記録しました。
実はこのミュージックビデオ、撮影スタッフはすべて日本人で、撮影場所も日本です。

このように最近、海外アーティストのミュージックビデオの間で「日本」というキーワードがトレンドになっています。
今年リリースされたミュージックビデオで、5本確認出来ましたので紹介します。


▼世界はここに注目!今年リリースされた日本が舞台のミュージックビデオ

1. Clean Bandit「Rather Be ft. Jess Glynne」


イギリスのロックバンドクリーンバンディットのこのMVは、再生回数なんと1億6000回以上
築地、渋谷、新橋などで撮影されました。
日本人女性がクリーン・バンディットメンバーに追われ続けるという謎の多いストーリーです。

2.Avril Lavigne「Hello Kitty」


カナダ出身のシンガーソングライター・アブリルラディーンが、あのキティちゃんの名前を冠したこの曲。
「みんな最高」「ありがとう」「可愛い」というフレーズから始まります。
カラフルなキャンディショップや、原宿遊歩道などで撮影され、日本のポップカルチャーが体現されています。

3.R5「(I Can't) Forget About You」


アメリカのロックバンドR5も、日本でMVを撮影しています。
撮影場所は、横浜の六角橋商店街という渋いセレクト。
日本文化の象徴としてデコトラが出ているのが、面白いですね。

4.Pharrell Williams「It Girl」


ファレル・ウィリアムスのMVは、ゲームの世界です。
萌えな美少女がビーチで戯れる愛シュミレーションゲームはまさに日本。
アーティストの村上隆さんなどが、このMVを手がけました。

海外というフィルターを通すと、日本の魅力が再発見することが出来ます。
今後もたくさんのMVが日本で撮影されるといいですね。

クレイジーブルー

ライター

クレイジーブルー

エンタメ記事のライティングをメインに、インタビューもやっています。
最新のインタビューはBiSHさん!

■常識破りな企画がSNSで話題沸騰!「楽器を持たないパンクバンド」とは?
https://curazy.com/archives/153225

Twitter: https://twitter.com/entcurazy