笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
生でホップを見たことある?1000年続くホップの名産地 ドイツの職人が解説

生でホップを見たことある?1000年続くホップの名産地 ドイツの職人が解説

11月24日(水)発売開始「ヱビス ホップテロワール」

ヱビス ホップテロワールに使われるアロマホップは、1000年以上の歴史を持つホップの名産地「ドイツ バイエルン州ハラタウ地方」で栽培されています。
そしてそのバイエルン州 ハラタウ地方産アロマホップを100%使用しています。

ホップへのこだわりはそれだけでなく、その苦味や香り、風味を存分に引き出すため、3度に分けて添加を行なっています。

■1度目の添加 「苦味を与える」
ホップに熱を加えることで、苦味成分の元となるルプリンが変化し、しっかりとした苦味をビールに与えます。

■2度目の添加 「風味を際立たせる」
ホップの香りと苦味が両立する最適なタイミングで添加し、ホップの持つ風味の特徴を際立たせます。

■3度目の添加 「新鮮な香りを与える」
煮沸を行わないことで苦味の移行を抑え、ホップの新鮮な香りをビールに与えます。

今回紹介したヱビス ホップテロワールは11月24日(水)より発売開始です。パッケージには広大なホップ畑が描かれているため、産地であるハラタウ地方の丘を眺めている気分でお楽しみください。

提供:YEBISU | サッポロビール
詳細:ヱビス ホップテロワール | 商品ラインナップ | YEBISU | サッポロビール



コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET