笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

同僚「着替え中に消滅したかと…」ある女性の《ズボラ伝説》が最強すぎて死ぬほど笑った

今回ご紹介するのは、漫画家1年生の弓木らんさんの実録エッセイ漫画『ズボラ・ザ・ビギニング』です!
弓木らん

この世に生を受け、気づいた時からズボラであるという作者の弓木らんさん。それでは、彼女の普段の生活を一緒に見てみましょう。


twitter.com@Yumiki_ran

twitter.com@Yumiki_ran

twitter.com@Yumiki_ran


twitter.com@Yumiki_ran


twitter.com@Yumiki_ran

twitter.com@Yumiki_ran


twitter.com@Yumiki_ran

twitter.com@Yumiki_ran

人生がハードモードになってる

20代の頃、生活の端々で何かしらやらかしてしまっていた弓木さん。ロッカーを閉め忘れるどころか、全ての私物をフルオープンのまま出勤し、脱ぎっぱなしなズボンをバイト仲間に畳んでもらったことも。

確かにここまで来ると黒歴史が多いことも十分に頷けます。そういった経験から「ちゃんとすること」が難しいと悟った様子の弓木さんですが、これほどのズボラな面を抱えどのようなサバイバルライフを繰り広げてきたのでしょうか?

そんな作者の弓木らんさんの様子を心配した読者からは、多数のアドバイスやコメントが寄せられました。それに対して弓木さんがnoteにて回答されているので、気になる方はそちらもご覧ください。

・俺も時間の計算も苦手だし、全て全開とか脱ぎっぱなしとかよくやります。

・私も自分のことただのズボラだと思ってました…。でも病院行ったらADHDって診断されました。

・そういう人他にもいっぱいいるのでオーライです!

さて、弓木らんさんの初の連載となる漫画『ケッペキとずぼら 〜正反対の2人と1匹が仲良く暮らすコツ〜』が、「ダ・ヴィンチニュース」にて連載開始されました。

几帳面な夫とズボラな妻の妙にバランスの取れた日常を、ぜひ覗いてみてくださいね!

物心ついた頃からズボラと自認している弓木さんのズボラエピソードがもっと読みたいという方は、Twitterのフォローがおすすめですよ。

Twitter:弓木らん(@Yumiki_ran) / 愛犬用アカウント:ビーの飼い主(@bee01150915)
note:弓木らん
連載作品:ケッペキとずぼら 〜正反対の2人と1匹が仲良く暮らすコツ〜

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET