笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

料理名は大体ナゾ。あるママの「料理ニガテあるある」がぶっ刺さりまくるw

日々たくさんのタスクをこなさなければならない主婦。中でも「料理」に悩まされているという方は多いのではないでしょうか?

インスタグラムで活躍されるわたみさんは先日「料理が苦手なママあるある」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

料理苦手ママを自称するわたみさん。「子供と大人が食べる料理を同時に考えるのが難しい」「ママの作る料理は料理名が謎」など、料理が苦手なママなら共感必至のあるあるを、合計8つ紹介しています。

子供と大人の料理を同時に考えるのが難しい。提供:わたみさん


料理名が謎。提供:わたみさん

本編を読む

ユニークなあるあるについてを描いたこの漫画。料理をする上で特に嫌なポイントや、工夫などについて投稿者のわたみ(@aomama.minami)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

わたみさん:3年前ぐらいから、やんちゃな息子あおくんの行動が面白かったので、記録に残したいと思い、インスタで漫画を描き始めました。

――料理をする上で「これが一番イヤ」とポイントはなんですか?

わたみさん:いつも同じような料理しか作れないのが1番イヤですね🥲どんな料理にしようかと考えたり、買い物に行くところからめんどくさいと思ってしまうので、新しい味付けを検索するのも困難です…🤣息子とパパのために頑張らなきゃですが…😇

――料理を少しでも楽にするためにしている工夫などはありますか?

わたみさん:自分では作り出せない味付けのソースを買ったり、焼いたり温めたりするだけで完成する料理を常に常備してます!!楽で美味しいので最高です!!👍✨

――今後、どう言った活動に取り組んでいきたいですか?

わたみさん:夫婦でフリーランスとして一緒に仕事をしているので、夫婦で仕事と育児に奮闘していて、やんちゃなあおくんに振り回されている面白い漫画を描いていけたらいいなと思います🌟

 

料理が苦手な人にとって、頷きまくりのあるあるがたくさん見られましたね。どうしても料理がツライという方は、わたみさんのように簡単に作れる商品を常備するのもアリですよね✨

作品提供・取材協力:わたみ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET