笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

懐かしさ200%w 小学生のとき、この「お知らせ」でテンション爆上がりしなかった?

学生の頃「休校のお知らせ」を受け取った瞬間、めちゃくちゃ嬉しい気持ちになりませんでしたか?今思えば少々不謹慎ではありますが、突如舞い降りる「一日の休暇」はとても甘美なものでしたよね。

インスタグラムで活躍される小豆だるまさんは先日「たった一通のメールで…」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

とある台風の日の前夜、小学校から「朝の天候次第で休校」という胸のメールを受け取った娘ちゃん。その知らせに、両手を天に掲げながらはしゃぎ回るのですが…。

休校の連絡を受ける。提供:小豆だるまさん

そして当日の朝。肝心の天気はというと…?

本編を読む

小学生の頃誰もが味わったであろう「休校」に関してを綴ったこの漫画。娘ちゃんのリアクションや、他の子供たちの様子について投稿者の小豆だるま(@komamehaha)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

小豆だるまさん:子供のアルバム変わりとして、はじめは育児マンガ専用としてこのアカウントを作りました。(今は他の家族も自分ネタもなんでもありですが😅)

――休校ではなくなったことを知った時の娘ちゃんのリアクションは、どういったものでしたか?

小豆だるまさん:膝から崩れ落ちるといか、ただただがっかりしてました。

――魂が抜けた状態で投稿する子供達を見て、どんなことを思いましたか?

小豆だるまさん:「ですよね~😅」という共感。自分が同じ立場でも魂抜けてたと思います。と同時に、朝に似たようなことがどの家庭でも繰り広げられたのかと思うと、ちょっとほっこりした面白みを感じました。(ありふれた珍事件とでもいいましょうか。平和な感じも?)

――小豆だるまさんが子供の頃も、やはり「休校」は嬉しかったですか?

小豆だるまさん:もちろんです。即答ですw不謹慎かもしれませんが、インフルエンザ流行で学級閉鎖の時の嬉しさは忘れられません。(雪国だったので、冬は普通の登下校でも毎日泣きそうでした)

 

思わせぶりのメールによって、心を折られてしまった子供たち。なんだかとっても懐かしい「休校」に関する投稿でした!

作品提供・取材協力:小豆だるま

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET