笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

下の子ばかり面倒をみがちなとき、兄の心境は…?本音と向き合う漫画が泣ける

二人目、三人目の子供が生まれると、どうしても後に生まれた子にかかりきりになってしまいがち。そんな時、上の子はどういった心境なのでしょうか?

インスタグラムで活躍されるまんなかさんは先日「ボクはボク。」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

漫画の冒頭「ワガママばかり言うな!」とお父さんに叱られてしまう次男くん。言うことを聞かず、泣いてしまっている次男くんに対し、まんなかさんは「何かあったの?」と問いかけます。

ボクの話を聞いてほしい。提供:まんなかさん

「毎朝やることは決まってるよね?三男はちゃんとやってるよ?」と告げると、次男くんの切実な本音が飛び出しました…。

まんなかさん「どーしてできないの?」 提供:まんなかさん

本編を読む

子供の複雑な感情を描いたこの漫画。当時の気持ちや、フォロワーさんの反応について投稿者のまんなか(@mannaka_murami)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画を描こうと思ったきっかけはなんでしたか?

まんなかさん:毎日毎日同じことで子どもたちに怒ってしまう自分にものすごく嫌気がさしていました。自分が変わらなければいけない!と、色々育児に関する本を読み直したりして、子どもたちとの接し方を見直そうと試行錯誤している矢先の出来事だったので、子どもの正直な気持ちを忘れないために描き残そうと思いました。

――息子くんの一連の発言を聞いて、どういった気持ちになりましたか?

まんなかさん:一言でいえば、ショックでした。そんな気持ちにさせていたのか…と。その反面で、普段は上手く言葉で言い表せず、泣いてしまい、うやむやになっていたので、本音を聞けたという点では一歩前進できたな、と前向きに捉えることもできました。

――この件以降、息子くんとのコミュニケーションで心掛けていることはありますか?

まんなかさん:こどもの話に耳を傾ける事、会話する事を、心がけています。シンプルというか当たり前のことかもしれないのですが…。

どうしても日々の家事育児に追われて、こどもたちが話しかけてきても聞き流していたりすることが多いので。息子三人一度に話出すと、なかなか丁寧な対応はできない現状ですが(笑)。

――この漫画を読んだフォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

まんなかさん:皆さん「気持ち分かるよ」と温かいコメントを寄せてくださいました。共感いただけたことが素直に嬉しかったです。そして、フォロワーさんたちも子どもとの接し方に日々悩み、反省しているんだということが分かって、勝手に仲間意識が湧きました!コメントくださった方々皆、お子さんへの愛情が溢れているなと感じ、私まで心温まりました。

 

我々が思う以上に、複雑な子供の心。下の兄弟を持つ子供の気持ちを的確に描いた、学びの多い投稿でした。

作品提供・取材協力:まんなか

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET