笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【超笑ったw】あんよ未体験の1歳児が「食べ物の恨み」で16歩も歩いた話

親の知らないところで、スクスクと成長を進める子供。育児をしていると「え、もうそんなことができるようになったの!?」と頻繁に驚かされるものですよね。

インスタグラムで活躍されるミロチさんは先日「息子くんが初めて歩いた瞬間」を漫画にして公開しました。

あらすじ

ある日、ゴミ箱を漁り、先ほど自分が完食したお菓子の袋を取り出した息子くん。

ゴミ箱から袋を取り出す。提供:ミロチさん

「中身が空」という事実に怒りを覚えた息子くんは、なんとそのまま立ち上がり…。

すごい怒ってる…。提供:ミロチさん

本編を読む

いきなり16歩も歩いた息子くんを描いたこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者のミロチ(@mirochi8989)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――息子くんがいきなり16歩も歩いたのを見て、どのような感想を抱きましたか?

ミロチさん:食べ物への執念が強い子だなぁと思ってたけど、まさか成長にまで影響を及ばすとは…よっぽど腹が立ったんでしょうね…あれは赤ちゃんの醸し出す気迫じゃなかったです。

――何が起こるかわからない赤ちゃんとの生活。漫画の件以外で、最近印象的だった言動などはございますか?

ミロチさん:『お母さん』と呼んでもらいたくて『おかあさん』だよ『おかあさん❤️』と教えていたら『ババア』と言われた事ですね。そう言う事ありますよね赤ちゃんって。それ言えるなら、お母さんも言えるんじゃないかと思いますけどね。悲しかったなぁ…。

――漫画を読んだフォロワーさんの反応には、どういったものがありましたか?

ミロチさん:食べ物の力すごい!!という反応が多かったです。この食べ物への執念は今後も目を見張るものがありますね。

 

怒りがもたらしたパワーによって、初めての歩行を大成功させた息子くん。食べ物、そして怒りという感情の持つ力って、本当に侮れませんね…。

作品提供・取材協力:ミロチ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET