笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

オンライン会議中に「手渡し感覚」でギフトを贈れるサービス、DO-MOが登場!

コロナ禍によって急速に広まる業務のオンライン化。
オンライン会議やリモートワークなど、PC一つあればどこでも対応可能なので確かに便利ではあるのですが、画面越しであるがゆえ自分の想いや感情を正しく伝えられないことも多々あります。

今回は、そんな筆者の悩みを解決してくれたサービスを紹介します!

Zoom感覚でギフトを贈れるサービス「DO-MO」

オンライン会議でよく使われる「Zoom」を使用するサービスです。

詳細はこちら

この「DO-MO」は、Zoom会議中に手渡し感覚でギフトを贈ることができるというのです。

https://youtu.be/hjB7yfRBI7s

 

実際にDO-MOを使って、筆者が日頃お世話になっている人に、感謝の気持ちを伝えてみました!

➀まずはDO-MOにログインをして、贈るギフトを選びます。

ギフトは「和菓子」「洋菓子」「生菓子」といった種類をはじめ、地域、予算別に探すことができます。

「たくさん種類がありすぎる・・・。うーん、何を贈ればいいんだぁ!!!」

でも大丈夫なんです!

このDO-MOは「相手が受け取るギフトを選択する」という形にも対応しており、選んだギフト候補2〜10の中から、相手が好きなものを選べるようになっています。

あとはDO-MO上からDO-MOのミーティングURLを発行して、いつも通りに相手を招待すれば完了です!




「お疲れ様です。いきなりミーティングってどうしたの?」

「どーも、お疲れ様です!お子さんが生まれてから育児に仕事にと忙しそうじゃないですか」

「いやぁ、大変だよ〜。フルリモートとは言え、業務量は変わらないしさ。出来ない部下が勝手にミーティング入れてくるしさ」

「出産祝いも贈っていなかったなと思って。今、DO-MOっていうギフトを贈れるサービスがあるんです。好みがわからなかったので好きなの選んでください!」


「え!すごい気が利くじゃん!ありがとう!えーどれにしようかなー♪」

「そうそう、先日クライアントさんを怒らせちゃいました」



「あ、そうなの、はいはい。これに決めたー!レアチーズケーキにする!」

うまいこと、ミスをうやむやにできました!

ミーティングが終了すると、自動メールが相手に届き、そこで住所などを入力してもらう形なので、わざわざ贈り先を聞いたりする面倒がないんです。だから、ミスの件がぶり返す心配も無用です。

友人に実際に贈ってみた

「まあ、使えるのはリモートワーク導入してる会社だけだよな~。弊社はフル出社のブラック会社だしな」とか思っているあなた!

そんなことはありません!

ビジネス上の付き合いに限らず、最近コロナで会えていない遠方の親戚や友人にもDO-MOは大活躍です。

たとえば、同級生とのZoom飲み会なんかで、誕生日プレゼントを買わないといけないことを直前で思い出したときとか。


「お疲れー」

「そういえば、今日プレゼント届いたよありがとね。B!」

「よかったよかった〜。てかゴトウからはないの??」

「いやあ、あるよ!俺らって神奈川出身じゃん。だからやっぱり地域の名物がいいかなって!」

「そうだねぇ。もう数年は神奈川行ってないから、普通に嬉しいわ!」

「よかった!『長崎ちゃんぽん』贈るから!!」


「いや長崎名物かい!」
※複数人でのDO-MOミーティングの場合、贈りたい相手にのみギフト内容が表示される仕様です。


ほら、大活躍でしょ?

あなたも、ぜひ職場やプライベートでDO-MOを使ってみて下さい!

公式サイト:オンライン会議にギフトでぬくもりを。Zoom連携サービス DO-MO(どーも)

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET