笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

う○ち担当じゃないのよ…。1歳娘の「パパ見知りが直る瞬間」に笑った

大人の思いもよらぬ行動を繰り返す小さな子供。その行動の意図がわからなければわからないほど、なぜか尊く、可愛らしくうつるものですよね。

インスタグラムで活躍されるゴツ美さんは先日「まーちゃんとお父さん」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日曜日、現在1歳の娘(まー)ちゃんと二人で過ごすことになった旦那さん。一人で遊んでいた娘ちゃんが突然寄ってきたと思ったら丁度のタイミングでう○ちをしていたのだとか。

旦那さん「うんこした?」 提供:ゴツ美さん

そして別の日、珍しく旦那さんのお迎えをしてくれた娘ちゃん。その時も例に漏れず…。

出迎えてくれる娘ちゃん。提供:ゴツ美さん

本編を読む

なんとも笑える父の悲哀についてを綴ったこの漫画。発覚時の感想や、フォロワーさんの反応について投稿者のゴツ美(@gotumi_523)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

ゴツ美さん:インスタを始めたのは、娘が産まれて半年経った頃で、初めての育児とコロナ禍もあって毎日鬱々としていた私に「漫画でも描いてみたら?」と夫が言ってくれた事がきっかけで始めました。

――この件が発覚した時、どういった感想を抱きましたか?

ゴツ美さん:この時はまだ父見知りで、自ら進んで夫のもとに行く事はなかった娘ですが、唯一うんちした時だけ夫に近づいていくので、うんちの時だけでも夫の方に行ってくれて助かると思いました(笑)

――娘ちゃんはなぜ旦那さんのそばでうんちをしがちなのだと思いますか?

ゴツ美さん:私の説明が足りなかったのですが、私がかまってあげられない時にうんちをしちゃった時は、空気を読んで夫にオムツを替えてもらおうという娘なりの気配り?なのかなぁって思いました。

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

ゴツ美さん:共感してもらえたり、ちゃんと教えられてえらいとの声がありました。ママが忙しい時のあるあるかもしれないですね!

 

うんちの時は旦那さんの元へ行きがちだという娘ちゃん。幼いながらも、ママに気をつかってくれているのかも…と考えると、さらに愛おしく見えますね😊

作品提供・取材協力:gotumi

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET