笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

子育て世帯に「ビデオ通話をかけてはいけない理由」にめっちゃ共感したw

思ったままに行動し、発言をする子供たち。騒ぎ盛りの子供がいる家庭で行うビデオ電話は、想像を絶する難易度になるのだとか。

インスタグラムで活躍されるBochaさんは先日そんな「ビデオ電話」に関する漫画を公開しました。

あらすじ

ある日自身のお母さんに用件を伝えるため、ビデオ電話を繋いだBochaさん。話し始めるや否や、すぐさま子供たちの妨害に遭います。

娘からの電話を受ける。提供:Bochaさん

自分達のペースを持ち込み、大人のコミュニケーションをこれでもかというほどに乱す子供たち…。Bochaさんはそんな彼らを見て、ある説を提唱したのでした…。

子供からの妨害。提供:Bochaさん

本編を読む

子供がいる家庭でのあるあるを描いたこの漫画。子供たちがビデオ電話に興味を持つ理由や、フォロワーさんの反応について投稿者のBocha(@bocha_oekaki)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

Bochaさん:上の子(もうすぐ5歳)を妊娠した時から描き始めました。今まで何かを続けられたことがなかったのですが、自分の子どものエッセイなら続けられるだろう!と思っていました。あとは正直「バズったら稼げるかもしれない」とはめちゃくちゃ思っていました。

――なぜ、子供たちはビデオ電話に反応するのだと思いますか?

Bochaさん:大人だけで話しているのを見ると、仲間に入れてほしくて集まってきちゃうのかなと思います。あとは既に何回か通話をした経験から「おもしろい機能」は覚えてしまっているから触りたい気持ちもありそうです。。

――育児をしていて、特に「大変だなぁ」と感じる瞬間はどんなときですか?

Bochaさん:子ども達というよりも、自分の中で育児スイッチと家事スイッチ、考え事スイッチなど、頭を切り替えるのがとっても難しく、「今は邪魔しないで〜!」とすぐ思ってしまうことです。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

Bochaさん:途中に出てくる通話の背景加工機能に「うちの子もこれ好きです〜!」と共感いただくことが多く、具体的に描いてみてよかったと思いました!

わんぱくな子供たちの妨害によって、本題に入ることなく切られてしまったビデオ電話…。子供の底知れない元気さに、ただただ脱帽させられる投稿でした。

作品提供・取材協力:Bocha(コンパクトお兄ちゃんと親方弟)

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET