kfkf

モグラ先輩「まぶしいもなにも見えねーのよ」多摩動物園の看板が秀逸すぎる

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

動物園によくある動物の解説看板。
その解説看板の解説方法が予想の斜め上を行っているとネットで話題になっています。

それが東京都日野市にある多摩動物園。
2224151_600px-Tama-zoo
wikipedia(多摩動物園)

その中にあるモグラ展示「もぐらのいえ」
2224152_22434_large
東京ズーネット

 

その解説を行うのが「モグラ先輩」

ではご覧ください。


1.

2.

3.

4.

5.


この反響を受け、モグラ展示「もぐらのいえ」の係員の方がHPでモグラ先輩の主旨、そしてネットでの反響の喜びの声を載せています。

口の悪いモグラ先輩はそれなりにインパクトがあったようで、お客さんたちの反応は上々です。笑いながら読んでいるカップルや、読みながら話している親子の姿を時々目にします。Twitterでも一時話題になり、モグラ先輩のラベルを写真に撮っていく人もいました。

 それでも生きているモグラたちにはかないません。モグラたちが通路を移動しているとラベルなんてそっちのけでお客さんたちはモグラに夢中です。もちろん、動物園の主役は動物ですからそれが何よりなのですが、飼育係は自分の担当動物をよりよく知ってもらうために、試行錯誤しながらラベルを作っています。動物を見るときには、ラベルにもちょっと目を配っていただけると幸いです。そこにはきっと新しい発見があるはずです。

おしえて! モグラ先輩!より