笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

鬼舞辻無惨もビビるかもw ある家庭の《ドタバタ節分物語》が面白すぎた

みんなで楽しく豆を撒き、邪を払って福を呼び込む行事、節分。みなさん、今年の節分はどのように過ごされましたでしょうか?

インスタグラムで活躍されるあずま ままみさんは先日「節分物語」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

2年前の節分の日、パパの仕事が休みということで本格的に鬼のコスプレをして節分を楽しもうと計画したあずま ままみさん夫妻。当日、しっかりと鬼の格好をして現れ、子供たちを怖がらせます。

コスプレで登場。提供:あずま ままみさん

ツノが取れ、変なスパイダーマンみたいになる旦那さん。「食べ物で遊んだらダメ」という言い付けを守って豆を投げようとしない長女ちゃん。落ちた豆を貪り食う次女ちゃんなど、ドタバタで痛快な節分物語が続いていきます…。

親の言いつけを守る長女ちゃん。提供:あずま ままみさん

本編を読む

明るく楽しい節分の様子を描いたこの漫画。当時の心境やフォロワーさんの反応について投稿者のあずま ままみ(@azuman0055)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

あずま ままみさん:インスタは去年の11月の末頃から始めました。きっかけは旦那の後押し、というかゴリ押しというか…?私は学生の時以来絵は描いておらず、しかも漫画形式で描いた事は全くなくて自信がありませんでした。でも旦那は私の描く絵を好きだと言ってくれて、折角描けるのに世に出さないなんて勿体無い!(大袈裟)とiPadをプレゼントしてくれました。嬉しい反面SNSをまともに触った事のないデジタル音痴だったのでそれでもまだ実行に移せずモジモジしてましたね(笑)でもここまでして貰ったら後には引けないなぁ…と思い切ってチャレンジしてみました!

――「食べ物で遊んじゃダメだって…」との発言を聞いた時、どんな気持ちになりましたか?

あずま ままみさん:普段から言い聞かせてた事がちゃんと頭に入っているんだなぁと嬉しく思ったのと、融通が利かないいかにも長女らしい回答だと可笑しくなりました。

――子供たちは、鬼の正体に気付いていたのでしょうか?

あずま ままみさん:次女は当時2歳ちょっとだったので分かっていなかったんじゃないかな?本当に怖かったと思います。ただし切り替えも早いので鬼が帰る時には元気いっぱいでした!(笑)長女は当時6歳で完全に正体を分かった上で私と次女を守ってくれて、ここぞとばかりに鬼(パパ)をボコってましたね(笑)

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

あずま ままみさん:フォロワーさんにはありがたい事に沢山「笑った」と言って貰えました!あとは長女の奮闘を讃えて貰ったり、沢山の反応を頂きました!「同じマスクを持っている」や「有名人の方が色違いを持っているそうですよ」等と鬼マスクに関する情報や報告も面白かったですね!

 

鬼のコスプレをした父に、勇敢に挑んでいった長女ちゃんと次女ちゃん。個性溢れる二人の奇想天外な行動に、笑みが止まらない投稿でした。

作品提供・取材協力:あずま ままみ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET