笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

育児の辛い時期を支えた「夫の発想転換」に目から鱗が落ちました!

時間や場所を問わずに、四六時中さまざまな要求に応えないといけないのが育児。特に小さな子供の育児は、精神にも身体にも大きな負担がかかることになります。

インスタグラムで活躍されるおさるさんは先日「旦那さんの一言で前向きになれた話」を漫画にして投稿しました。

あらすじ

2歳になる少し前から現在まで、目を覚ますと泣きながら抱っこを求めるということが続いているという息子くん。原因を突き止めようと努力しても、なかなか思うようにはいかず…。

いろいろ試しても原因がわからず。提供:おさるさん

ある日、旦那さんにその件についてを相談してみたおさるさん。すると、意外な回答が返ってきたのだとか。

旦那さんへ相談。提供:おさるさん

本編を読む

旦那さんの言葉により前向きになれた経験を綴ったこの漫画。作品を描かれた思いや、フォロワーさんの反応について投稿者のおさる(@monmama.osaru)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――今回の漫画は、どういった思いで描かれましたか?

おさるさん:この頃息子の機嫌があまり良くなく、しんどいなぁと思ってしまっていました。それも何か理由があると思っていたのに、何をしても解決せず…途方に暮れていた時に夫の一言で気持ちが軽くなったので描いてみました。

――「繁忙期」と捉えることで、どのような気持ちの変化が起こったのでしょうか?

おさるさん:「そういう時期」といえばそれまでなんですが、なんだか抽象的で終わりが見えない状態よりも、具体的に言語化することで「いつか終わるものだ」と素直に受け止められ、「繁忙期なら忙しくても仕方ないな」と腑に落ちました。言葉が変わっただけで事態は何も変わっていないのに不思議な気持ちでした。

――この漫画を、どういった方へ届けたいですか?

おさるさん:私と同じく現在繁忙期中の方々に届けば良いなと思います。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

おさるさん:同じような状態の方が何人かいて、私も繁忙期と思って頑張りますと言ってくださって嬉しかったです。あとすごく意外だったのが、夫からの言葉をすんなり受け入れた私に対しての肯定的なコメントが多くて、それも嬉しかったです。

 

出口の見えない育児に疲れていたおさるさんに、明確な終わりを意識させた「繁忙期」という言葉。現在子育てに疲弊している方は、自身の状況を「繁忙期」として捉えてみてはいかがでしょうか?

作品提供・取材協力:おさる

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET