笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

伴侶を亡くしたじいじが「天丼を心待ちにしてた理由」が可愛すぎて涙出た

おじいちゃんやおばあちゃんとの思い出って、幾つになっても強く心に刻み込まれていたりしませんか?ご高齢の方が見せる表情や言葉は、独特の重みを持っているものですよね。

インスタグラムで活躍されるとろさんは先日「じいじへの謝罪」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、お弁当屋さんの看板に「海鮮天丼」と大きく書かれているのを見つけたとろさん。天丼好きなおじいちゃんのために買って帰ることを決め、おじいちゃんに報告するのですが…。

とろさん「天丼買ってくよ」 提供:とろさん

店内に入り注文すると、天丼は翌日からの販売であることが発覚。おじいちゃんにその旨を伝えると、罪悪感が増幅される言葉が返ってきたのだとか…。

店員さん「明日からなんですよ」 提供:とろさん

本編を読む

おじいちゃんの謝罪を綴ったこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者のとろ(@trrrrrn.n)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

とろさん:パートナーとの面白かったり、嬉しかったりしたりした出来事を残しておきたくて、1年ほど前から始めました!

――「ばあばと一緒に食べられたら」との話を聞いた時、どういった気持ちになりましたか?

とろさん:近くにいなくても想い続けられる関係って素敵だと思いました…!

――亡くなられたおばあさまは、どんな方だったのでしょうか?

とろさん:孫全員を超超慈悲深く愛してくれる人でした(笑)

――フォロワーさんからの反応には、どういった声がありましたか?

とろさん:じいじ可愛い!!!って声が多くて嬉しいです。

 

「天丼をばあばと食べたかった」という、おじいちゃんの愛に泣かされたというとろさん。いつまで経っても奥様への気持ちを持ち続けるおじいちゃんの姿に、温かい気持ちになる投稿でした🌸

作品提供・取材協力:とろ@エッセイ漫画

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET