笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

親になってわかった「火傷の痕をさする亡き母の気持ち」に涙が出ました

子供の頃「なぜそこまで心配するのだろう?」と疑問に思ってしまうほどに、我々の生活に干渉してきたお母さん。大人になって当時の母の気持ちに気が付き、ハッとさせられる…なんて経験は、誰しもにあるのではないでしょうか?

インスタグラムで活躍される紅ほっぺさんは先日「母とやけど」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

その昔お母さんが誤ってお茶をこぼしてしまったことが原因で、右足にやけどの跡があるという紅ほっぺさん。お母さんはその跡をさすっては「ごめんね」という言葉を繰り返したのだと言います。

涙ぐんで謝る母。提供:紅ほっぺさん

思春期には、そんなお母さんを少々疎ましく感じることもあったと語る紅ほっぺさん。しかし、親になってお母さんの気持ちがわかるようになったのだとか…。

思春期には疎ましく感じることも。提供:紅ほっぺさん

本編を読む

亡き母との思い出を綴ったこの漫画。お母さまの行動を疎ましく思ってしまった理由や、フォロワーさんの反応について投稿者の紅ほっぺ(@beni_twins_mama)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――お母様は、どんな思いで紅ほっぺさんの足をさすっていたのだと想像しますか?

紅ほっぺさん:申し訳ない気持ちでいっぱいだったと思います。

――お母様の行動を疎ましく思っていた理由はなんでしたか?

紅ほっぺさん:私自身は全く気にしておらず、何度も「大丈夫だから」と言っていたので当時はしつこいなぁと思っていました。あと、普段は明るい母の弱々しい部分を見るのもイヤでした。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

紅ほっぺさん:お母さんの紅ほっぺちゃんを大切に想う気持ちが伝わるとか、自分自身親になって気付くことがあるよねとか優しいお言葉をいただきました。

 

親になり、当時のお母さまの行動の理由に気が付いたという紅ほっぺさん。お母さまの愛情深さが伺える、とっても印象的な投稿でした。

作品提供・取材協力:紅ほっぺ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET