笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「それ、言葉にする必要ある?」心無い偏見に苦しむ主婦の葛藤に共感が集まる

「結婚はした方がいい」「子供は産んだ方がいい」…生き方を自由に決められる多様性の時代とは言いつつも、世の中にはまだまだたくさんの「偏見」が隠れているものですよね。

インスタグラムで活躍されるまぎさんは先日「その偏見、いりますか?」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

「えー!なんで結婚式あげないの?絶対あげた方がいいよ」「早生まれって大変ですよね〜」などなど、現在に至るまでたくさんの偏見をぶつけられてきたというまぎさん。

ご友人「なんで結婚式しないの?」 提供:まぎさん

世の中に偏見があることは理解しつつ、それを伝えることに対して疑問を抱くまぎさん。出産前には、こんなラインを受けたこともあるのだとか…。

偏見に満ちたライン。提供:まぎさん

本編を読む

世に蔓延る「偏見」についてを綴ったこの漫画。偏見をぶつけられた時の対処法や、フォロワーさんの反応について投稿者のまぎ(@magi_pupu)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

まぎさん:長女が保育園に行きだして少ししてからの成長が速かったのです。なので、その日々の成長を絵日記のように残したいと思い、漫画を描き始めました。

――人々の偏見は、どういったことが原因で生まれているのだと思いますか?

まぎさん:人それぞれの身の回りの環境によって偏見や価値観が形成されるものかなと思います。

――偏見をぶつけられた時、どんな形で対応していますか?

まぎさん:偏見自体は悪いものだと思っていませんし、「この人はこういう考え方なんだな」と思うようにしています。余程でないと否定はしませんが、しつこかったり人を蔑むような場合はちょっと怒ってしまいます…。

――フォロワーさんからの反応には、どういった声がありましたか?

まぎさん:フォロワーさんからは「自分の偏見を押し付けないでほしい」「ほっといてくれ」「もしかしたら、自分も知らないうちに偏見で話してたかも…」という共感してくださったり、ご自身の身を振り返る声がありました。

 

育ってきた環境によって形成される固定観念、偏見。何かを伝える時、それを言うことで相手がどう思うかを想像することができれば、より良いコミュニケーションを保つことができそうですね。

作品提供・取材協力:まぎ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET