笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

小学校にネズミが出現! 小6息子の「命がけの行動」にクスッときた

家に出現するととっても厄介なのがネズミ。可愛い見た目とは裏腹に、たくさんの病気や感染症を媒介する危険な存在です。

インスタグラムで活躍されるA子さんは先日「長男くんの学校にネズミが出現した話」を漫画にして公開しました。

あらすじ

最近まで、ネズミの被害に悩まされていたというA子さんご一家。そんな中、先日長男くんから「学校で掃除してたらネズミがいた」との報告を受けたのでした。

学校にネズミが出現。提供:A子さん

調子に乗った男子たちが、ふざけてネズミを触ろうとしているのを目撃した長男くん。その時の言動によって、危うく社会的に抹殺されかけたのだといいます…。

ネズミを触ろうとする男子たち。提供:A子さん

本編を読む

なんとも面白い息子くんの窮地について綴ったこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者のA子(@2kob_mom)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――今回の漫画は、どういった思いで描かれましたか?

A子さん:長男からされた「今日学校でこんなことがあってさ…」のエピソードが面白すぎたので、身バレのリスクも顧みず描いてしまいました。

――学校でネズミの知識を披露した息子くん。その話を聞いて、どんなことを思いましたか?

A子さん:長男は真面目でシャイな性格なので、家が古くてネズミが出るなんて死んでも学校でバラしたくないはずなのに、危機回避のためにとっさに持っていた知識を披露してしまったことが、哀れでもあり、それ以上に面白くて爆笑しました。

――以前、ご家庭にネズミが現れたことがあるとのことでしたが、現在はどうなのでしょうか?

A子さん:徹底的に食べ物をしまうようにしたら出なくなりました!ただ古い家で、侵入経路を特定して塞いだわけではないので、またいつでも新たなゲストを迎える可能性はあります…。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

A子さん:「まーちゃんえらい」「同級生を守ったね」などのお声をいただきました。本人にとっては、(社会的)死活問題ですが、自宅にネズミが出没という嫌な経験がこうして役に立って、親としては、よかったね、無駄な経験なんてないんだね♪という感じです。大人になったときに「俺んち昔、令和の時代にネズミ出てさー」って笑い話にしてくれるといいなと思います。

 

異常な知識量のおかげで、4月のうちに「家にネズミがいた」ことがばれそうになってしまった長男くん。しかし、そのおかげで同級生を救うことができたみたいです☺️

作品提供・取材協力:2コブマザーA子
ブログ:2コブマザーA子のつれづれマンガ日記

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET