笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

子供「もう帰る!」→ ママ友さんの《予想外な切り返し》にハッとさせられました…!

子供の話題のみで繋がったママ友たちとの間では、何かと人間関係のトラブルが起こりがち…なんて意見をたびたび耳にしますが、コミュニティによっては素敵な学びを得られることもあるようです。

インスタグラムで活躍されるきびのあやとらさんは先日「ママ友から学んだ大切なこと」に関する漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、幼稚園のお友達親子数人と公園に集まって遊んでいたきびのあやとらさん。ママ友たちと交流していると、娘ちゃんは「誰も遊んでくれないから帰る!」と主張しはじめたのだとか…。

娘ちゃん「誰も遊んでくれない」 提供:きびのあやとらさん

「ママ友と話すのは疲れる」という意識を持っていたため「帰るの全然アリ」と感じていたきびのあやとらさん。しかし、別のママ友の意見はきびのあやとらさんのものとは180度違ったものでした。

ママ友と話すのは疲れる。提供:きびのあやとらさん

本編を読む

「楽しみは人それぞれ」ということを教えてくれるこの漫画。作品を描かれた思いや、フォロワーさんの反応について投稿者のきびのあやとら(@ayatra_illust.design)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画は、どういった思いで描かれましたか?

きびのあやとらさん:新学期が始まり、かつての私と同じようにこれからはじまるママ友付き合いに不安を抱えている方もいるかなと思い「色んな考えがあって当たり前」ということをほんのり伝えられたらなと思って描きました。

――ママ友との会話が疲れてしまう原因には、どんなことがあると思いますか?

きびのあやとらさん:私の性格的な問題ですが、会話が途切れるといけない!と思い一生懸命話題を考えるせいだと思います。なんとなくふられた話題に答える程度にすればいいだけなんですがなかなか難しくて。

――Mちゃんママの「お話するのが楽しい」との発言を聞いた時、どういった心境になりましたか?

きびのあやとらさん:Mちゃんママの発言を聞くまで、自分の楽しみは一切考えていなかったので衝撃でした。Twitterやsnsを見ていると「ママ友づきあいは面倒」という声が多い気がして、大半の人がそうなのかと錯覚していたみたいです。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

きびのあやとらさん:私と同じくママ友付き合いが苦痛ということはないものの「疲れる」という点にめちゃくちゃ共感くださいました。すでにそういう時期を終えられた先輩ママからは「今振り返ると良い思い出」との言葉をいただき、期間限定のことならせっかくだから楽しもうという気付きもありました。

また、娘と同じくらいの歳のお子さんのママに「だいたいみんなそうなんですね(友達の輪から出たり入ったり)、安心しました!」というお声もあり、これに関しては私自身結構悩んだ時期もあったので安心してもらえて嬉しかったです。

 

 

子供のためだけでなく、純粋にママ友との交流を楽しんでいたMちゃんママ。彼女の発言と態度から、きびのあやとらさんはママ友コミュニティとの距離感を改めて掴むことができたようです。

作品提供・取材協力:きびのあやとら

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET