笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ワーママ2年目の女性が語る「世の中のママに伝えたいこと」が本当に大事だから見て

会社に復帰した多くのママが悩むのが、家事・育児・仕事の両立。完璧を追い求めすぎてしまい、いつの間にか心身ともに疲弊していた…なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか?

インスタグラムで活躍されるぽぽさんは先日「ワーママ2年生 これだけは伝えたい」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

現在ワーママ2年目だというぽぽさん。忙しさを極める仕事・家事・育児を進める上で大切だと思うことを、漫画内でご紹介していきます。

会社が潰れないなら全てOK。提供:ぽぽさん

「失敗することがあっても、会社が潰れないならOKと自分に言い聞かせる」「惣菜も冷食も、全ては誰かの手作りである」などなど、仕事・家事・育児の固定観念を優しくほぐしてくれる素敵なメッセージの数々を綴っています。

全ては誰かの手作りである。提供:ぽぽさん

本編を読む

ワーママの心構えについてを描いたこの作品。漫画を描いたきっかけや、フォロワーさんの反応について投稿者のぽぽ(@popo_baby0104)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

ぽぽさん:ワーママ2年目としてこの1年間を振り返ってみて、新ワーママさん達に伝えられることがあれば!と思って描きました。

――仕事・家事・育児のリズムを掴めるようになったのは、ワーママを初めてどれくらい経ってからでしたか?

ぽぽさん:おっと、待ってください。全然、掴めてませんよ(笑)むしろ子供の成長によってリズムが変わっていくので、「掴めた!」と思ってもまた振り出しに戻ることがほとんどです。だからこそ、今回描かせてもらったように、「1年たってもうまくいってないから安心して!」ということを描きました。

――漫画内のメッセージの中で「これだけは特に大事だ」というものを1つ選ぶとしたら、どれを挙げますか?

ぽぽさん:今回、私が描いたものってほとんど「他人はここまで出来てるのに、なんで自分は出来ないんだろう」という事に結び付いてくるんです。でも、本当によそのお宅はうまくやっているのか?と言ったら全然そんな事なくて、それってただ自分が作っている幻想に過ぎない。初めての事はうまくいかないのが当たり前。仕事も育児も家事も何事も8割が丁度いいなと思っています。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

ぽぽさん:先輩ママさんからは「図太くないとワーママなんてやってられない」といった共感の声や、これから復帰する方は「最初からうまくやろうなんて思わなくていいと気づきました」といった声をいただきました。

 

SNS社会において誰しもが作り上げてしまいがちな「自分だけが上手くできていない」という幻想を打ち砕いてくれる、ぽぽさんの優しいメッセージ。ぽぽさんのいう通り、何事も8割くらいの達成度を目指すくらいがちょうどいいのかもしれませんね☺️

作品提供・取材協力:ぽぽ。 ☞ 育児ときどき漫画

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET