笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

銃声から始まる「インコの隠し芸」がエッジきいてて最高なんだけどw

犬に指先を向けて「バン!」と言うことで、犬が撃たれたフリをする…という、お馴染みの芸。これをインコにやってみると、ちょっぴり変わったことが起こるようです。

インスタグラムで活躍されるタクセニョリータさんは先日「戦地」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

指先を向けて「バン!」というアレを、ご自身の飼っているセキセイインコのマロちゃんにやると、意外な反応が返ってくると語るタクセニョリータさん。

インコではどうなる…? 提供:タクセニョリータさん

実際にやってみると、なんとマロちゃんは全力で反撃してくるのだと言います。その後はしばらくの間、戦地の如く銃撃音が鳴り響くことになるのだとか…。

全力で反撃してくる。提供:タクセニョリータさん

本編を読む

インコちゃんのとってもユニークな芸に関してを描いたこの漫画。この芸が誕生した理由や、フォロワーさんの反応について投稿者のタクセニョリータ(@takusenorita)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――こちらの芸は、どういったタイミングで身についたものなのでしょうか?

タクセニョリータさん:よく家でシューティングゲームをやるのですが、そのゲーム音を聞いて勝手に覚えてしまったのだと思います。他の家庭で飼われているインコちゃんたちは、飼い主さんがインコちゃんに覚えさせたい言葉を繰り返し何度も聞かせることで様々な言葉を話すようになったというお話をよく聞くのですが、我が家のインコは自分が気に入った言葉しか覚えないため本人が勝手に聞いて勝手に覚えた言葉を話しています。本当は「おはよう」や「おやすみ」などを覚えてほしいです。(笑)

――マロちゃんは、タクセニョリータさんが「バーン」をする時にだけ「プシュッ」を返してくるのでしょうか?

タクセニョリータさん:基本は向こうから「プシュップシュップシュッ…」と撃ってきます。我が家のインコはかなり気分屋なので、こちらから撃っても気分が乗らなければ無視されます。(笑)

――漫画の件以外で、マロちゃんができる芸はございますか?

タクセニョリータさん:我が家だけなのかインコちゃんはみんなできるのかはわからないのですが、様々なジャンルの曲に合わせて正確にリズムを刻むことができます。よくペットボトルのキャップで遊ぶ際にキャップをコンッコンッとつつくのですが、バラードでもロックでもK-POPでもそれぞれの曲調に合わせてつつき方を変えてリズム刻んでいます。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

タクセニョリータさん:「わかる!」と共感をしてくださった方もいらっしゃいましたが、この芸はぼくが家でシューティングゲームをプレイしていたことによりその音を我が家のインコが聞いてたまたま身についた芸なので、フォロワーさんたちのコメントからは驚きの反応が多かったように感じます。なかなか他の生き物と銃撃戦をする機会はないですからね。(笑)

 

タクセニョリータさんがプレイするゲームの音が原因で誕生した「銃撃戦」という珍しい芸。撃つと撃ち返してくるペットって、もしかしたらインコだけかも知れませんね🤔

作品提供・取材協力:タクセニョリータ(目標10万人!)
Twitter:タクセニョリータ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET