笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

娘「アンパンマンのお母さんとって!」← 誰のことを指してるかわかる…?

大人とは全く別の考え方を用いて思考する子供たち。彼らの意図していることを正確に推測するのは、実の親であれかなり難しいことですよね。

インスタグラムで活躍されるいけこままさんは先日「アンパンマンのお母さん!?」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、一人でおままごとを楽しむ次女ちゃんを眺めていたいけこままさん。我が子の成長をしみじみと感じているところに、突然次女ちゃんから「アンパンマンのおかあしゃん取って!」と頼まれたのだとか。

次女ちゃん「アンパンマンのおかあしゃんとって!」 提供:いけこままさん

「アンパンマンのお母さんって、なんだ!?」と考え込んでしまったいけこままさん。「お母さん=生みの親」という考えにたどり着き、ジャムおじさんの人形を渡してみたのですが…。

いけこままさん「答えはジャムおじさんだ!」 提供:いけこままさん

本編を読む

次女ちゃんの驚きの考え方についてを綴ったこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者のいけこまま(@ikeko.mama)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――大きい=お母さんと判断していた娘ちゃん。その考え方を知って、どういった気持ちになりましたか?

いけこままさん:「なるほど〜」と素直に納得させられました。型にはまらない考え方で、大人がいかに固定概念に縛られているのかと考えさせられました。

――漫画の件以外で「子供の発想って面白いな」と感じた経験などはございますか?

いけこままさん:公園で拾った青梅などの木のみでさえも「この子は赤ちゃんだよ」と、おままごとにしていて、なんでも遊びにしてしまえるのは面白いなと日々感じています。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

いけこままさん:ママさんのフォロワーさん達にも子育てで同じような経験をしたよ!と教えてくれる方が多数いて、純粋に子ども達ってある意味大人よりも視野が広くて面白い世界の中で生きているんだな〜と感じました。

 

サイズが大きなもの=お母さんという、驚きの方程式を頭の中で組み立ていた娘ちゃん。子供ならではの面白い考え方に、感心してしまう投稿でした😇

作品提供・取材協力:いけこまま

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET