笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「先生がバスと並走」小学生の頃の《遠足で起きた珍事件》に笑った

学校外の場所を訪れ新しい知見に触れる行事、遠足。普段学んでいる校舎から離れて知らない土地を訪れるのは、心の底からワクワクしたものですよね。

インスタグラムで活躍されるヤマモトさんは先日「強烈で忘れられない遠足の思い出」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ヤマモトさんがまだ小学生だった頃のある日のこと。バスに乗って遠足をしていたヤマモトさんたちは途中、トイレ休憩のために一度バスを降りました。

トイレ休憩。提供:ヤマモトさん

「乗り遅れないように〜」と生徒たちに声をかける先生。全員バスに乗り込んで再度出発…のはずでしたがその後、ヤマモトさんは驚きの光景を目にします。

再度出発。提供:ヤマモトさん

本編を読む

なんとも笑える遠足での珍事件についてを綴ったこの漫画。当時の心境や先生のその後について、投稿者のヤマモト(@ymmtkid)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――バスを走って追いかける先生を見た時の心境を教えてください。

ヤマモトさん:当時の心境は、ビックリの一言に尽きますね。出発後の徐行運転のバスを、先生は少し並走するように追いかけてて今思えばちょっと映画のワンシーンっぽかったなと…?

――先生は、なぜバスに乗り遅れてしまったのでしょうか?

ヤマモトさん:先生はバスの外で安全点検みたいなことをしていてくれてました。
出発前にバスの中で点呼を取ってくれた別の女性の先生は、生徒が全員乗っているのを確認したから出発してしまったのかなと。まさかもう一人の先生が乗っていないとは思わなかったんじゃないでしょうか。

――その後、先生はどうなったのでしょうか?

ヤマモトさん:無事にバスに乗れ、その他大きなトラブルもなく遠足が終わりました。子どものころは「大人はきちんとしているからバスに乗り遅れることなんてないだろう」と思い込んでいたので「先生が乗ってない!」って経験は当時けっこう衝撃で、それ以降、私自身もバスの乗り遅れには注意するようになりましたね。

 

生徒に「乗り遅れないように」と伝えていたはずが、自分が乗り遅れてしまった先生。慌てて追いかける様子に、申し訳ないけれど笑ってしまう投稿でした☺️

作品提供・取材協力:ヤマモト
ブログ:わっしょい!ヒゲ母ちゃん

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET