笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【2人きりの時間がキツかった】子育て主婦が語る「ママ友=恐ろしい」論への主張とは?

マウントの取り合いや集団いじめなどなど、何かと人間関係のトラブルが目立つ「ママ友」というコミュニティ。しかし、そんな存在に心から救われているという人もいるようです。

インスタグラムで活躍される河野りぬさんは先日「ママ友は…いらない?」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

息子くんが1歳の頃、二人きりのワンオペ育児に閉塞感を抱き悩んでいたという河野りぬさん。退屈そうな母親といる息子くんが不憫に思えて、なんとか「二人だけの時間」を減らそうとしていたのだとか…。

二人の時間に閉塞感を感じていた河野りぬさん。提供:河野りぬさん

他の誰かと息子くんを見られるという状況に、何度となく救われた経験を持つ河野りぬさん。そんな河野りぬさんは、「ママ友」に対して恐れを抱いている人に、こんなメッセージを送りました。

他の子と遊ぶ息子くんを見てホッとする河野りぬさん。提供:河野りぬさん

本編を読む

育児の悩み・コミュニティの大切さに関してを綴ったこの漫画。作品を描かれた思いや、フォロワーさんの反応について投稿者の河野りぬ(@rinu.illustjob)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

河野りぬさん:昔から絵を描いたりはしてました。エッセイは、息子が眼に障害を抱えて産まれてきた事をきっかけに、起こったことを息子本人にいつか伝える為に描き始めました。

――今回の漫画は、どういった思いで描かれたのでしょうか?

河野りぬさん:SNSだと負の情報が出回りがちですが、最近評判の悪い「ママ友」の良い面にスポットを当てたかった気持ちがあります。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

河野りぬさん:「私もママ友なしの育児はキツかった!」という声が聞かれました。孤立する事で、育児を実際以上に難しいものに感じてしまう人は結構居るんだと思います。

 

育児の孤独感・閉塞感をママ友たちと交流することで薄めることができていた河野りぬさん。SNSに蔓延る「恐ろしいママ友像」は、一部の界隈にのみ存在するものだと考えても良いかもしれませんね。

作品提供・取材協力:河野りぬ🍳子育て&社畜エッセイ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET