笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

自分の寿命を他人に…。お人好しすぎたギャルの「人生の転機」に涙出ました

今回ご紹介するのは、「pixivコミック」の編集部のおすすめ作品に選ばれ、Twitterで7万以上のいいねがついたマトマさんの作品、『寿命をゆずる友だちの話。』です。
マトマ

自分の寿命を他人に渡すことができるヒカリは、単純な性格のせいですぐに他人に同情し、人でも動物であっても気軽に自分の寿命を分けていました。

そんな寿命のバーゲンセールをするヒカリと、そんな彼女をバカにしつつも心配な親友のみゆきの友情を描いた物語の結末とは?

今すぐ結末が知りたい方はこちら↓↓↓
『寿命をゆずる友だちの話。』を読む

あらすじ


twitter.com@y_har3

「自分の寿命を他人に渡すことができる」という超特殊能力を持つヒカリ。


twitter.com@y_har3

他人の頭上に“寿命が見える”上に、“自分の寿命を譲渡できる”能力があるため、ヒカリの元には余命が少ない人々が集まって来ます。

しかも、ちょっとおバカなせいで、自分の余命を考慮せず寿命を無駄遣いしがち。


twitter.com@y_har3

簡単に寿命を渡すことができる能力がアダとなり、子どもの頃には死にかけの猫を見つけ、泣いている親友のみゆきを泣き止ませるため、とても気軽に寿命を猫に渡してしまいます。


twitter.com@y_har3

元気になった猫を見て、驚きのあまりみゆきの涙は止まったものの、その時の出来事はみゆきの記憶に強く鮮明に焼き付くのでした。


twitter.com@y_har3

それ以来、寿命のバーゲンセールを続けているヒカリが心配で一緒にいるみゆき。

素直に「心配」とは言いにくいものの、みゆきの存在がヒカリにとって何等かの支えとなっているのは間違いありません。

彼女たちのその後が気になる方は、こちらからぜひ続きのエピソードをお楽しみくださいね!

『寿命をゆずる友だちの話。』を読む

マトマさんの作品『あいのばけもの』もおすすめ!

作者のマトマさんは「LINEマンガインディーズ」や「ジャンプルーキー!」にて『あいのばけもの』を更新中!

Twitterには作品に登場するキャラクターのイラストや、進捗状況も投稿されていますよ!

『寿命をゆずる友だちの話。』を読む
Twitter:マトマ(@y_har3)
pixiv:マトマ
作品:あいのばけもの【LINEマンガインディーズ / ジャンプルーキー!

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET