Screen Shot 2014-12-08 at 10.03.12 AM

信頼されるリーダーが毎日言う10のフレーズ

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

 

 

1.「あなたはどう思う?」


1
rkmarketingltd.com
良きリーダーになるには、部下が何を考えているかを理解することが大切です。一緒に働く部下の考え方がどういったものなのかを知る努力をするようにしましょう。

 

 

2.「信頼しているよ。」


2
sugarmatchmaking.com
人は信頼されていると自信がつけば、その自信に傷がつかないように頑張ります。その結果、部下はあなたのために一生懸命になって結果を出そうとしてくれるようになるのです。

 

 

3.「君はうちの誇りだよ。」


3
piranhaphotography.com
もちろんこれは内容の悪い仕事をした人に対して言うフレーズではありません。しかしあなたのチームが全力を出し、あなたもそれを理解しているのであれば、ネガティブな側面ばかりに注目するのではなく、率直に部下たちの努力を誉め称えましょう。

 

 

4.「ありがとう。」そして「お願いします。」


4
armadamarkets.com
周囲の人に丁寧に接することは、良きリーダーになるためにはとても大切です。部下から見ても、このような言葉を投げかけてくれるリーダーを妬んだり嫌がったりすることはできないものです。小さい子供に教えるようなシンプルなフレーズですが、この言葉こそが違いを生むのです。

 

 

5.「それ最高だね。やってみよう!」


5
thekindtips.com
アイデアを出す勇気、そしてそのアイデアを実行する勇気を与えることができるのも良きリーダーに必要な資質です。部下から出るアイデアに可能性を見出せない限りは、チームの一員として、または良きリーダーとして信頼されることができません。

 

 

6.「私も手伝うよ。」


Diverse business group meeting
growingleaders.com
プロジェクトの遂行において、たとえあなたの力が必要でない局面でも助ける意思を示しましょう。そうすることで部下との距離は縮まり、謙虚なリーダーとしてこれまで以上に尊敬されます。

 

 

7.「申し訳ない。」


7
theflud.tumblr.com
謝罪ができるリーダーは良きリーダーです。弱さを認める行動であるとして嫌う人もいますが、リーダーとしてチームに尊敬されるためには、正直に謝罪することはとても大切です。自分が間違っているときは素直にそれを認め、次に進みましょう。

 

 

8.「いつでも頼ってくれ。」


8
careerealism.com
このフレーズを日頃から口にし、コミュニケーションのドアを開いておくことはとても大切です。威圧感のある近付きがたいリーダーにはならないようにしましょう。部下があなたに話しかけづらいと思うような関係を作ってしまうと、仕事で問題があっても伝えてもらうことができず、プロジェクトの遂行に支障や遅れを来すようになってしまいます。

 

 

9.「君も完璧ではないが、私も完璧ではない。」


9
co2partners.com
自分も含めて、完璧な人など存在しないことをまず認めましょう。周囲にもそれを伝えることができれば、部下が感じる負担は軽くなり、失敗を避けようとする仕事の仕方から、失敗から懸命に学ぼうとする仕事の仕方ができるようになります。リーダーが求めているのは決して完璧であることではないと部下に知ってもらうことができれば、様々なことに挑戦してもらえるようになります。

 

 

10.「君でないとできないんだ。」


10
midwestfinancialstaffing.com
部下たちを仕事やプロジェクトに注力させるには、評価されていると感じさせることが最良の方法です。リーダーが、部下の努力や貢献を評価していると明言すれば、その評価が彼らのモチベーションとなり、より素晴らしい仕事の成果が期待できるようになります。

 

 

参照:lifehack.org