笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

新米ママの信念をバキバキにした「育児のリアル」にフフッてなった

みなさんは、自身の性格を俯瞰したときに「自己肯定感が高い」と思いますか?生まれてから死ぬまで一緒にいる自分という存在を肯定できるか否かは、幸福度に大きく影響するものですよね。

インスタグラムで活躍されるぱらこさんは先日「駄目なものは駄目」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

昔から、子供の自己肯定感を育むために「絶対に我が子の希望を否定しないぞ!」と心に決めていたというぱらこさん。しかし現在「どうしてもそれは無理」と言わざるを得ない状況に置かれることがあるのだといいます。それがどんな時かというと…。

ぱらこさん「絶対に子供の希望を否定しないぞ」 提供:ぱらこさん

本編を読む

流石に許容できない娘ちゃんの行動に関してを描いたこの漫画。当時の心境や今後の活動について投稿者のぱらこ(@parax2charhan)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

ぱらこさん:産休に入って色々やりたかったこと(プレイしてなかったゲームや手芸)をした末に「これからの記録と息抜きがてら漫画も描こうかな」と思い描き始めました。

――保育園にクイックルワイパーを持って行こうとする娘ちゃんを見て、どんなことを思いましたか?

ぱらこさん:大抵のものは保育園の入り口まで持たせてあげるのですが、クイックルワイパーはちょっと流石に持って歩くのも困るし、保育園の先生も困惑しそうだしなぁ…。

――漫画の件以外で「流石に駄目だと思った娘ちゃんの希望」はありますか?

ぱらこさん:入浴時に電卓などの小型家電をお風呂に持って行きたがること。「それならば…」と濡れないように袋に入れてあげたのですが、それは娘的にダメなようで…。

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

ぱらこさん:引き続き娘の成長記録等を兼ねて漫画を描いていきます!!…が、独身時代の出来事など描きたいですし、何か他にも色々なイラストを描けたらいいなぁと思います。

 

過去に決めた「絶対に否定しない」という自分との約束を、破らざるを得ない状況に遭遇したぱらこさん。育児の大変さと面白さが存分に詰まった投稿でした☺️

作品提供・取材協力:ぱらこ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET