笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

外国人夫を驚愕させた「いにしえのオタクスキル」が想像以上にすげぇw

キャラクターグッズの供給が多くなり、コレクション要素を持った商品も一段と増えつつある昨今。特にガチャガチャで目当てのグッズを引き当てるのってかなり苦労するものですよね。

インスタグラムで活躍される仲江キャンディさんは先日「元オタクがやるとこうなる ガチャガチャ」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、夫婦で本屋さんを訪れた仲江キャンディさん。可愛いガチャガチャを見つけ手に取った旦那さんは「これ、かわいい!買います!」と目を輝かせたのでした…。

旦那さん「これかわいい!」 提供:仲江キャンディさん

旦那さんが手に取ったガチャガチャをじっと見つめ、「選んで取った?」と静かに聞く仲江キャンディさん。その後、いにしえのオタクスキルが炸裂します…。

仲江キャンディさん「選んで取った?」 提供:仲江キャンディさん

本編を読む

オタク時代に培った特殊スキルに関してを綴ったこの漫画。スキルを身につけた経緯や、今後の活動について投稿者の仲江キャンディ(@candy.nakae)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

仲江キャンディさん:インスタは今年の4月からはじめました。去年末に息子を出産して、もうすぐ仕事復帰するし、育休中に何か新しいことをはじめたい!と思い勢いで描きはじめました。

――漫画に登場した「オタクスキル」は、どのようにして培われたのでしょうか?

仲江キャンディさん:学生時代、主にアニメが大好きでよく関連本やグッズを買っていました。箱に入った組み立て式のフィギュアなど、自分の推しキャラをゲットするために課金した末に身につけたスキルです(笑)

――旦那さんの反応は、どういったものでしたか?

仲江キャンディさん:中が見えないのに、中が見えているよう、とひたすら驚いていました(笑)非オタな外国人の夫は、そもそも選んで取るということすら思いつかなかったようです(私はそっちの方にびっくり笑)

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

仲江キャンディさん:目まぐるしく日々成長する息子の毎日を、今までのように少しづつのんびり書き溜めていきたいなと思います。はじめての育児で子どものネタが多いですが、国際結婚や旅行など、夫や自分自身のことも今後描きたいです。

 

外国人の旦那さんに日本のオタクスキルをまざまざと見せつけた仲江キャンディさん。まだまだ元オタクとしてのスキルを隠し持っている予感がしますね😊

作品提供・取材協力:仲江キャンディさん

本編を読む

コメントする2

  1. 弱冠60歳

    トクサツガガガという特撮オタクが主人公の漫画があるんですが、小売店側から見たエピソードががあって、この手の商品を振るなどの行為は、商品が破損する可能性があるのでやめて欲しいみたいですね。

  2. 人間になった猫

    サーチ行為禁止されてる店結構あるので、真似るのはやめた方がいいかもですね

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET