笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

20年後の衝撃オチw 子供の頃に教わった「実家の掟」の現状に笑った

生涯にわたって生きる指針となる、子供の頃の両親からの教育。理由は特にわからないけれど、親に言われたからやっている…なんて習慣は、誰しも一つや二つ持っているのではないでしょうか?

インスタグラムで活躍されるやまいもさんは先日「実家のおきての巻」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

幼い頃、お父さんから「味噌汁は沸騰させてはいけない」という教えを受けたやまいもさん。お父さん曰く、沸騰させることで風味が飛んでしまうことに繋がるのだとか…。

お父さん「沸騰ダメだぞ」 提供:やまいもさん

またある時、お母さんから「お米はザルでとぐのよ」と指導されたやまいもさん。お二人の教えを20年間忠実に守り続けていたやまいもさんでしたが…。

お母さん「お米はザルでとぐのよ」 提供:やまいもさん

本編を読む

「両親から教わった習慣」に関してを綴ったこの漫画。当時の心境や、今後の活動について投稿者のやまいも(@yama.ma26)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

やまいもさん:気持ちが不安定な妊娠中に、楽しい出産レポや子育て漫画を読んで元気を貰っていました。元々絵を描くのが好きだったので、私も漫画で楽しい気持ちを読者さんと共有できたらな、と産後に思ったのがきっかけです。

――20年間守り続けてきた実家のおきて。その効果は実感されていたのでしょうか?

やまいもさん:味噌汁は正直よくわかんなかったです!(笑) 味覚がかなり大雑把なタイプなので…。炊飯釜は現在の実家のやつがボロボロになってきているので、効果はあるのかなーと思っています。

――「おきて」が無効とされている状況を見て、どんなことを思いましたか?

やまいもさん:悲しい気持ち3割、笑っちゃう気持ちが7割って感じです。こういう適当なところがうちの両親の良い面だと思っています。

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

やまいもさん:子どもが先天疾患を持っていて治療中です。同じ疾患を持っているお子さんが多いので、治療の内容や当時の心境をレポ漫画にして、安心してもらったり元気を分けられたらと思っています。

 

20年前に我が子に教えた「おきて」を、綺麗さっぱり忘れていたご両親。お二人のゆる〜い感じに、なんだか癒される投稿でした😇

作品提供・取材協力:やまいも

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET