笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

保育園に通う娘からの「ひらがなクイズ」が超難問すぎてお茶ふいたw

子供が一生懸命何かを伝えようとして間違えてしまう様って、絶妙に母性をくすぐられませんか?彼らの言い間違いや勘違いを堪能するのは、子育ての醍醐味とも言えますよね。

インスタグラムで活躍されるもげみさんは先日「娘ちゃんの難解なクイズ」に関しての漫画を公開しました。

あらすじ

ある日「保育園でお友達からお手紙をもらった」ともげみさんに伝えてきた娘ちゃん。同年代の子が既にひらがなを習得していることに焦りを覚えたもげみさんは、娘ちゃんにひらがなを覚えさせることにしたのでした…。

もげみさん「少しは教えないと…」 提供:もげみさん

あいうえお表から、ひらがなを探し出すというクイズに対し、見事正解してみせた娘ちゃん。自身も問題を出したいと主張し始めた娘ちゃんでしたが、その問題がとっても難しかったんです…。

娘ちゃん「さっちゃんもやる!」 提供:もげみさん

本編を読む

なんとも可愛らしい親子のやりとりを描いたこの漫画。当時の心境や今後の活動について投稿者のもげみ(@mogemi_mom)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

もげみさん:産休育休中に、姉(@shige_to_ko)の影響で描き始めました!

――「りんごの『う』」という発言を聞いたとき、どういったことを思いましたか?

もげみさん:ひらがなの概念が何もわかっていないということに、愕然としました(笑)

――投稿から1ヶ月ほど。ひらがなの学習は順調でしょうか?

もげみさん:全く進んでいません…。自然に習得するのを待ちます!

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

もげみさん:特に考えていないのですが、日々の息抜きに、ゆるゆると更新を続けていけたら良いなと思っています🍵

 

「りんごの『う』」という謎の出題で、ママを愕然とさせた娘ちゃん。道のりは長いかもしれませんが、焦らずゆっくりとひらがなの習得に励んでいってくださいね😇

作品提供・取材協力:もげみ(さっちゃんママ)

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET