笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「こっち来てみな?」小2男子の突然の「キザ発言」に惚れちゃいそうwww

大人が知らないうちに、アニメや漫画などからさまざまなことを吸収して学んでいる子供たち。「そんなの一体どこで覚えてきたの!?」と聞きたくなるような場面に遭遇することもしょっちゅうですよね。

インスタグラムで活躍されるはる華さんは先日息子くんのキザな仕草にまつわる漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、家の中で虫を見つけたというはる華さん。「なぜ家の中に…」と戦慄します。

家の中に現れたオオホシカメムシ。提供:はる華さん

虫に怯えているはる華さんのもとにやってきた息子くん。虫が最初にいた場所を知っていると言い、このあと驚きの「キザな仕草」が飛び出すのでした!

息子くん「さいしょどこにいたか知ってる?」。提供:はる華さん

本編を読む

息子くんのキザすぎる仕草を描いたこの漫画。当時の心境や今後の活動について、投稿者のはる華(@happy_haruk)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

はる華さん:2017年1月から始めました。 現在小2の次男が当時2歳で、発言がおもしろいので記録として漫画にしてみました。 当時ストーリー漫画を描いていたのですが、インスタの育児漫画が流行り出したこともあり、わたしも趣味で描いてみることにしました。

――息子くんは普段からキザな言動をするのでしょうか?

はる華さん:時々キザな言動をします…。恐らく、小さい頃から観ている仮面ライダーや、アニメの影響だと思います…。

――今後、インスタグラムではどのような活動をされていきたいですか?

はる華さん:今後も、引き続きマイペースに投稿を続けたいなと思っています。 老若男女問わず、読んで肩の力が抜けるような漫画を描きたいです。

 

 

自分でも知らず知らずのうちにキザな仕草を繰り出していた息子くん。正義のヒーローのような紳士に成長する姿が今から楽しみですね!😊

作品提供・取材協力:はる華

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET