笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

4歳児の「勇敢さ」に救われた…!虫に触れないママと息子の攻防って「あるある」だよね

経験や知識は人を成長させますが、経験が浅いゆえに怖いもの知らず、ということもありますよね。その最たる存在は、なんといっても子供たち。勇敢さに感心させられたり、時にヒヤヒヤさせられてしまったり…本当に目が離せません。

インスタグラムで活躍されるマッマさんは先日、勇敢な息子くんに関する漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、ベランダにセミの死骸を見つけたマッマさんと息子くん。息子くんは「セミさん死んでる」と観察しています。

ベランダでセミの死骸を見つけた二人。提供:マッマさん

虫が苦手なマッマさんは旦那さんになんとかしてもらおうと、息子くんにパパを呼んでくるようお願いします。しかし次の瞬間、事態は予想外の形で収束するのでした…!

マッマさん「パパ呼んできて」。提供:マッマさん

本編を読む

怖いもの知らずの息子くんに助けられたエピソードを綴ったこの漫画。当時の心境や息子くんの様子について、投稿者のマッマ(@mama.dayoo)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――マッマさん家では、虫が出たときの対応はパパの担当なのでしょうか?

マッマさん:基本的にパパ担当です。私と娘は虫が苦手で全然触れません...。

――息子くんがセミをつかんだときの心境を教えてください。

マッマさん:最初に「こっちにセミ持ってこないで!!!」と思いました。その後、「あ、息子はセミ触れるんだ...」とも思いました。

――息子くんは虫に苦手意識はないのでしょうか?

マッマさん:全然無さそうです。パパと虫かごを持って出掛けて、セミなど観察していたようです。カブトムシも触っていたことがあります。

4歳ながらなんとも頼もしい息子くん、我が家にもいてほしいと思ってしまいました…!(笑) パパを呼ぶ理由を理解していない息子くんと、あっけにとられるマッマさんの対比に思わずクスリと笑ってしまう投稿でした。

 

作品提供・取材協力:マッマ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET