笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「息子が偏食で…」悩めるママの心に寄り添う《義母のポジティブ魔法》に胸があったかくなった

育児の中で、子供の食べ物に対する好き嫌いに悩まされたことのある方も多いのではないでしょうか? 細かく刻んでみたり、味がわからないように隠してみたり…工夫しながら偏食と向き合うのはとても大変なことですよね。

インスタグラムで活躍されるおさるさんは先日「義母に言われた言葉」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、息子くんを連れて義実家に遊びにいったおさるさん一家。「今度うちで食べていきなさい」と食事に誘ってくれた義母に、おさるさんは言いづらそうに息子くんが偏食であることを打ち明けます。

息子くんの偏食について話すおさるさん。提供:おさるさん

過去に遭遇した周囲からのネガティブな反応がトラウマになっていたおさるさん。しかし話を聞いた義母が発した言葉は、とても意外なものでした…!

おさるさん「お義母さん、どう思うかな…」。提供:おさるさん

本編を読む

偏食への悩みを軽くしてくれたお義母さんとのやりとりを描いたこの漫画。当時の心境やフォロワーさんからの反応について、投稿者のおさる(@monmama.osaru)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――これまで、偏食について周囲の方にお話しすることは躊躇われることが多かったですか?

おさるさん:はい、誰よりも私自身が気にしていたからです。実際にそんな言葉をかけられることはほぼありませんでしたが、過去私が言われていた言葉を言われるのではないかとビクビクしていました。

――お義母さんの言葉を受けたあと、息子くんの偏食に対しての心境や行動になにか変化はありましたか?

おさるさん:すごく気持ちが軽くなりました。結果息子の偏食は変わらないし、もちろん落ち込むこともありますが、「この子はグルメなんだ」とお守りのような気持ちで思えることができるようになりました。

――投稿に対して、フォロワーさんからはどのような反響がありましたか?

おさるさん:「素敵なお義母さんですね!」とたくさんの方に言っていただけて、すごく嬉しかったです。また同じように子どもの偏食に悩んでいる方からも温かいメッセージをいただき、描いてよかったなと思いました。

お義母さんのチャーミングな言い回しがとても素敵でしたね。自分にとっては何気ない一言でも、相手を傷つけたり救ったりすることもできてしまうという重要性を今一度考えさせられました。

 

作品提供・取材協力:おさる

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET