笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

5歳男児が「大人の社交辞令」を完璧に使いこなしてて笑う

大人の言葉を真似したがる子供たち。場面を理解しているかのようにバッチリのタイミングで真似されると、まるで小さい大人のようですよね。

インスタグラムで活躍されるちゃみさんは先日「おやつタイム」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、息子くんがおやつを食べているのを眺めていたちゃみさん。視線に気が付いた息子くんは「はいどうぞ」とおやつを差し出してくれました。
息子くん「かあか、はいどうぞ」。提供:ちゃみさん

ちゃみさんは息子くんの優しさを嬉しく思いながらも「食べていいよ」と辞退します。すると息子くんから思いがけない言葉が返ってきたのでした…!

息子くんにおやつを返すちゃみさん。提供:ちゃみさん

本編を読む

息子くんの大人のような発言をとらえたこの漫画。当時の心境や息子くんの様子について、投稿者のちゃみ(@na2maruru)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――息子くんは普段から大人の真似をした発言をするのでしょうか?

ちゃみさん:はい。家族や幼稚園の先生の発言など…すぐ真似してきます。

――息子くんは意味を理解しているのでしょうか?

ちゃみさん:つい最近も「気持ちだけもらっとく?」と聞かれたタイミングがバッチリだったので、理解して使っているのだと思います(笑)

――「気持ちだけもらう?」と聞かれたときのお気持ちを教えてください。

ちゃみさん:5歳からでた大人みたいな言葉が似合わなすぎて、面白くて笑いそうになるのを堪えていました(顔は多分爆笑していました)

中に大人が入っているのかと疑ってしまうほど大人言葉を使いこなしていた息子くん。息子くんとちゃみさんの優しいおやつタイムに、思わずほっこりさせていただきました。

 

作品提供・取材協力:ちゃみ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET