笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

子連れ散歩中に現れた「マウントおばさま」が見事に撃退されててスカッとしたw

子供を連れて外出をしていると、見知らぬ誰かから声をかけられることもしばしば。中には「ちょっとめんどくさいなこの人…。」と思ってしまうような方もいますよね。

インスタグラムで活躍されるコハナさんは先日「双子の散歩中にマウントおばさまに遭遇した話」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、双子の娘ちゃん二人を連れて散歩をしていたコハナさん。そこへ、一人のおばさまが「あらぁ〜いくつなの?」と声をかけてきたのだといいます。

女性「あらぁ〜双子?いくつなの?」 提供:コハナさん

「大変でしょ?」と労ってくれたかと思いきや「年子はもっと大変よ」と謎のマウントを試みてきたおばさま。その後も少々踏み込みすぎなアドバイスは続きます…。

女性「年子はもっと大変よ」 提供:コハナさん

本編を読む

ちょっぴりおせっかいなおばさまに関してを綴ったこの漫画。当時の心境や、その他印象に残った声かけの経験などについて投稿者のコハナ(@cohana_0203)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――マウントおばさんに遭遇したとき・撃退できたときの心境を教えてください。

コハナさん:他の方の双子あるあるの投稿などで「双子より年子の方が大変だと言われた」という話をよく拝見していたので遭遇した時は「ついに現れたな!」と思いました(笑)撃退したときの心境と言いますか…そのおばさんと別れた後「双子より年子の方が本当に大変なのか」と考えました。 年子と双子どちらも経験しなければどちらが大変かなんて分からないし、そもそも大変な場面が違うので比較のしようが無いかなと思いました。

――育児や家族の在り方について周囲の方と話されるとき、コハナさんご自身が気を付けていることなどあれば教えてください。

コハナさん:育児や家族の在り方はその家庭によってそれぞれなので自分が普通と思っている価値観を周りに押し付けないように育児の話をしたいなとは思っています。 例えば以前私がしてしまった失敗ですが、義理の妹ちゃんが妊娠した際「里帰りしない」と聞いて「絶対産後大変だから実家を頼った方がいい!」って言ってしまったんですが、後で詳しく聞くと家庭の事情でどうしても里帰り出来なかったようで… 「なんで里帰りしないのか」を深く考えず自分の意見を押し付けたようになり自身の考えの足りなさに情けなくなりました。

――今回の漫画の件以外で、印象に残る声かけをされたことはありますか?

コハナさん:今回のようなおばさんに遭遇することはほとんど無いです。 ありがたいことに労いの言葉をかけて頂く事が多いです。 双子を連れていると「わぁー双子かわいい」とよく声をかけて頂くなかでも最近嬉しかった声かけがあります。 先日家族みんなで外出したとき2人組のお姉さんが「双子めっちゃかわいい!…え?待って!お姉ちゃんも超かわいい!えーみんなかわいいー!」って子供達3人を褒めてくださって。 長女は人見知りなのもあるんですがいつも双子の影に隠れてるので、その長女に気づいて「かわいい」と言われたのがとっっっても嬉しかったです。(本人もとても喜んでいました。笑)

 

双子を連れるコハナさんに対し、育児マウントを試みた今回の女性。「私も大変だった」と主張したくなる気持ちもわからなくもないですが、グッと堪えて相手を労うまでに留めておいてほしいものですね😇

作品提供・取材協力:コハナ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET