2

【元気をつける】毎日に取り入れたい偉人たちの10の言葉

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

毎日を生活する上で、自分を突き動かしてくれる言葉は大事です。

仕事がなかなか上手くいかなくて不安なとき。
人間関係が思い通りにいかず辛いとき。
恋愛で失敗して塞ぎこんでいるとき。
自分の将来に向けて努力ができずに苛立っているとき。

そんな毎日の一瞬一瞬に、あなたの背中をそっと押してくれる『偉人の10の言葉たち』を紹介します。

 

1.
1

「私はゆっくり歩を進めている。しかし、決して後戻りすることはない。」

―エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

 

2.
2

「それが終わったことを嘆くのではなく、それが起こったことを喜びましょう」

―ドクター・スース(絵本作家)

 

3.
3

「自分は死に向かっているのだと意識することは、失うものがあるという思考の罠を避ける最善の方法です」

―スティーブ・ジョブズ(実業家、Apple創業者)

 

4. 
4

「自分を見せない人は、他人を語ることはできない

―バージニア・ウールフ(小説家、評論家)

 

 

5. 
5

「あなたが語ったことを人々は忘れるでしょう。
人々はあなたがやったことを忘れるでしょう。
ですが、あなたがどのような気持ちにさせてくれたのかということは、決して忘れないということを私は学んだのです」

―マヤ・アンジェロウ(活動家、歌手、女優)

 

6. 
6

「偽った自分を愛されるよりも、本当の自分を憎まれたほうが価値があります」

―アンドレ・ジッド(小説家)

 

7.
7

「我々は全ての栄光と不完全さの中で、何よりもまず自らを愛さなければいけない。もし自分自身を愛せなかったら、我々は他人を愛する事ができないし、想像力を発揮できない」

―ジョン・レノン(ミュージシャン)

 

8.
8

「100%決まらないシュートは、打たなかったシュートだけだ」

―ウェイン・グレツキー(元プロアイスホッケー選手)

 

9. 
9

「みなが君を傷つけるのは、真実だ。だから、傷つけられる価値のある人間を見つけ出すんだ」

―ボブ・マーリー(レゲエ・ミュージシャン)

 

10. 
10

「幸福は暗闇の中でも見つけ出すことが出来る。明かりを灯すことを忘れなければ」

―スティーブ・クローヴス
(脚本家 ※紹介したのはダンブルドア校長のセリフの一節)