Screen Shot 2015-01-12 at 15.58.43

自撮り棒は1990年代に日本で発明されていたことが判明

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

 

自撮り棒はここ最近で大々的なブームとなり、パーティーや旅行には欠かせないアイテムとなりつつあります。

しかしこの商品、スマホの人気上昇に伴って発明されたものかと思いきや、1990年代の日本にすでに存在していたようです。

下の画像は、1995年に海外で発売されたらしい「ムダな日本の発明」という本。

その中に自撮り棒が収録されているのです。

aGV50r5_700b
9gag.com

商品のタイトルには英語でしっかりと「自撮り棒(Self-Portrait Camera Stick)」と記載されています。

以下の写真は現代版自撮り棒。上記のものと比べても変わりありませんね。

dcWJ1oq
imgur.com

1990年代に日本が発明した自撮り棒は、スマホが存在しなかった時代に発明されたものだからこそ「ムダ」と呼ばれたのでしょう。

20年の時を経てやっとその有用性が認められたわけです。素晴らしいことですね!

 

 

▼海外の反応


今の自撮り棒を作った人を訴えてガッポリ儲ければいいのに!


ムダなものでも宝物になることがあるんだ!


今その本をもう一回読んでみたよ。このような商品はどうやら「ちんどうぐ」と呼ばれているようだ...


時間が経てば、どんなものでも価値がかわるんだ。


9gag.com

などのコメントが寄せられています。

それにしても、この商品を発明した人の先見性には驚かされますね。

記事:イングリッシュつるの