imasia_4310536_S_Fotor

節約もできる!加湿器なしでできる乾燥対策5選

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

寒い冬に多くの人が苦しめられる、乾燥。

喉の痛みや乾燥肌にも繋がるため、普段から家を保湿しておくことはとても大切です。今回は、加湿器がなくても部屋を加湿することができる5つの方法をご紹介します。

 

1. スポンジで加湿器を作る


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
bryankimsey.com

水に浸して軽く絞った食器洗浄用のスポンジを、上画像のような穴をいくつか開けた袋に入れて部屋に置いておきます。広い部屋でも使用することができますが、効果を発揮するには小さなスペースで使用することをお勧めします。

 

2. 霧吹きでカーテンを濡らす


CI_Brittni-Mehloff_ombre-shower-curtain-spray-bottle-step8c_h_lg
diynetwork.com

カーテンに霧吹きで水を満遍なく吹きかけます。そうすることで乾燥した部屋の空気が加湿され、快適に過ごすことができます。

 

3. お風呂のお湯は、冷めるまで置いておく


20091128_alinea_0102
allenhemberger.com

お風呂から出たらお湯をすぐに流してしまうのではなく、冷めるまでドアを開けてそのままにしておきましょう。こうすることで、蒸発した水分を他の部屋にまで行き渡らせることができるため、とてもエコな形で加湿をすることができます。

 

4. 服を室内で干す


imasia_1813500_S

洗濯物を干す作業は、生活の中で必ず発生します。ならばその作業を活かして部屋を加湿しましょう。これぞ一石二鳥の乾燥対策です。

 

5. 観葉植物を部屋に置く


Screen Shot 2015-01-19 at 3.26.01 PM

観葉植物を置くことには加湿効果があります。これは植物の蒸散という現象によるもので、植物の根に吸い上げられた水は、葉の裏などから放出されます。インテリアにもなり加湿器にもなるという、これもまた一石二鳥の乾燥対策ですね。