2221946_7

19歳少年の心優しい行動が、瀕死のマナティーの命を救う

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

 

19歳のミッチェル(Mitchel Thomas)は、中米ベリーズでのボランティア活動中に瀕死の赤ちゃんマナティーを発見。彼による懸命な救助活動、そして手厚い保護の結果、赤ちゃんマナティーの命が救われました。

1
imgur.com

ミッチェルと発見当時の赤ちゃんマナティー

 

赤ちゃんマナティーの母親は、ボートとの接触によって命を落としてしまったそう。そこに現れたのがミッチェルだったのです。

救助後、リハビリセンターへ向かう際、ミッチェルは懸命に水や濡れたTシャツで赤ちゃんマナティーを保護します。切れかけていた命の糸を、なんとか繋いだのでした。

2
imgur.com

リハビリセンターでの生活が始まっても、赤ちゃんマナティーは24時間のヘルプを必要とし、泳ぐことも浮くことももできなかったそう。それでもミッチェルは、19歳ながらに懸命にリハビリをサポートします。

4
imgur.com
6
imgur.com

その甲斐あって、赤ちゃんマナティーは元気に。食欲も旺盛になりました。とても人懐っこく、周囲の人たちのことが大好きだそう。

ミッチェルにはこう語ります。

「人間の指などをくわえるのが好きみたいなんだ。ボクのお腹を枕にして寝たりもするよ。命を落としてしまった母親に受けていた愛情を、どこかに探していたんではないのかな。人間がプールに入ると、すぐに寄って来てくれるんだ(buzzfeed.com)」

7
imgur.com
8
imgur.com

体重も順調に増え続けており、タイミングを見て自然に戻す予定だとのこと。

少年が動物の命を救った今回の話。19歳ながら1つの命を守るためにこれほど献身的になれるなんて、本当に素晴らしいことですね。この赤ちゃんマナティーが無事育ち、自然に帰れる日が来ることを祈りましょう。

参照:imgur.com