笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ペーパードライバー歴15年のママが「車に乗ろう」と思ったキッカケがコチラ

アナタは普段、車の運転をしていますか?生活スタイルや生活環境によっては「免許は持っているものの今はもう運転できない…」という方も多いのではないでしょうか。

インスタグラムで活躍される南野ななみさんは先日「今年の目標 脱・ペーパードライバー」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

3児のママ・南野ななみさんは自らをペーパードライバーなのだといいます。それも、免許を取得してからほぼ運転しないま15年もの時が経っている筋金入り。
公共交通機関が充実していることや自転車で事足りてしまっていたのが主な理由なのだとか。
利便性の良い土地なので車を運転する必要がなかった…。提供:南野ななみさん
利便性の良い土地なので車を運転する必要がなかった…。提供:南野ななみさん

そんな事情もあり、車が運転できなくても困ることはなかった南野ななみさん。
しかしここ数年、「私が車を運転できていたら!」と思う場面が度々ありペーパードライバー脱却を誓ったのだといいます。

脱・ペーパードライバーを目指すことになったきっかけとは…!?
脱・ペーパードライバーを目指すことになったきっかけとは…? 提供:南野ななみさん
脱・ペーパードライバーを目指すことになったきっかけとは…? 提供:南野ななみさん

本編を読む

ペーパードライバーの「あるある」にまつわるエピソードを綴ったこちらの漫画。投稿の経緯や詳細について、投稿者の南野ななみ(@minaminonanami)さんにお話を伺いました。



インタビュー

――今回の漫画はどのような思いで描かれたのでしょうか?

南野ななみさん:今回ペーパードライバーを脱したい!と思った理由はいくつかあるのですが、やはり漫画でも描いたように「家族が必要としているときに役に立ちたい」と言うのが1番の理由でした。 誰かが体調を崩したりした時に病院へ連れて行くとか、荒天などで目的地まで送迎したりとか…そう言う場面で役に立てない自分がとてももどかしかったので。 あとは、諸事情で私が公共の交通機関を利用出来なくなってしまって、困っていたと言うこともあります。

――脱・ペーパードライバーに向けてどのような不安がありますか?

南野ななみさん:実際に車に乗って路上に出てみると、座学だけでは分からない部分が多いと思います。その場の状況だったり、一瞬の判断を求められることがたくさんあるなと。そこは場数を踏むしかないだろうな…とは思いながらも、1人で乗っている時のことを想像すると、ちゃんと出来るかな!?と不安です…!

――脱・ペーパードライバーのために実践している特訓があれば教えてください。

南野ななみさん:ペーパードライバーを脱したい!と思った時に1番はじめにしたのは交通ルールの再確認でした。 交通ルールのクイズアプリなども利用したり、夫が運転する隣で「あの標識なんだっけ?」とか色々質問しながら覚え直しました。 実際の運転は慣れるまで夫に同乗してもらい、教習をしてもらっています!

 

ずっと車の運転をしていないと、ますます運転に対して抵抗感が出てきてしまうのはあるあるですよね…! ご家族のために一念発起された南野ななみさんの姿に愛情を感じる投稿でした😊
作品提供・取材協力:南野ななみ
ブログ:新だんじ三兄弟 ちびっこモンスターズ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET