Sunday morning

【すぐできる】熟睡のために寝る2時間前にやっておくべき5のルール

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

vmflvml

1.食事


睡眠中、消化器官が食物を消化していると、眠りが浅くなる可能性があります。
消化を終わらせてから眠るためにも、食事は寝るに2時間前までには済ませておきましょう。

 

2.運動


適度な運動を行っていると、適度な疲労感で睡眠の質がよくなります。
ただし、過度な運動は逆効果になる可能性があります。
また睡眠前に運動を行うと交感神経系が活性化して睡眠の阻害になる可能性があるため、運動は寝る2時間前までに済ませておきましょう。

 

3.PC、スマホ


PCやスマホの光にはブルーライトという強力な覚醒作用を起こす光が含まれているため、極力寝る前に見ないようにしておきましょう。
ただしほとんどの人にとってスマホは欠かせないアイテムになっていますし、寝る2時間前に一切見ない状態を作ることが難しい人も多いかと思います。
そういった時はできるだけスマホの明るさを暗めに調整して使いましょう。

 

4.お風呂


夜にお風呂に入ると体のべたつきなどの不快感が取れることや体温が上がることから、寝るまでに必ず行うべきですが、寝る直前にお風呂に入ることは逆効果になる可能性があります。
特に熱いお風呂に入ると交感神経が活性化されるため、寝る2時間前までには済ませておきましょう。

 

5.部屋の明かりを暗くする


PC、スマホの光と同様ですが、生活リズムは光によって調整されているため、寝る2時間前からできるだけ部屋を暗くして、寝る態勢を作っておくと良いです。
睡眠に適した間接照明なども販売されているので、そうした光を調整するグッズを揃えておくのもオススメです。