vfvfv

【真実が気になる!】嘘がテーマの超短編小説3選

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

いつも目の前に立つあの子

「困ってるんだ。
私には妻も子供もいるし、

なのにあんな若い子から
好かれるなんて…」

 

「でも、山崎さん。
ほんとなんですか、それ。

娘さんくらいの歳なんでしょ、その子」

「嘘であってほしい!

でも本当なんだ。

毎朝必ず電車の中で、
私の前に立つんだ。

私が座る席は毎日違うのに、
必ず私の目の前に」

「へ〜!」

 

「そして私が降りる駅に来ると、
いつも必ず私のことをじっと見つめてくるんだ」

「いやあ、
山崎さんも隅に置けないっすね!

うらやましいな〜」

「笑い事じゃないよ。

いつ気持ちを打ち明けられるか、

どうやって断ればあの子を
傷つけずにすむか、

頭が痛い…」

 







 

「はあ、座れた〜!
いつも絶対にこの駅で降りる人
見つけておいてよかった〜

おじさんのぬくもりが残ってるのが気持ち悪いけど、
これくらい我慢しないとね…」

 

 


 

ショップ店員の嘘

「あのショップ店員さ、絶対俺に気があるな」

「は?
なんだそれ、嘘に決まってんだろ。

鏡見ろよお前」

「だってよ!
いつも俺のために服を取っといてくれるんだよ。
俺だけにだぞ?」

「あのなー。
そりゃお前が毎シーズン新作を買ってるからだろ。
ただの良い客だと思われてんだよ」

「でもな、別に高い服をすすめられるわけでもないし、
そもそも俺は年に数回しかあの店行かないんだよ」

「へー
それは確かに変だな。
なんでだろう」

「変じゃねえよ!
だから俺に気があるんだって!」

「そーかなー…お前が?
そんなことないと思うけどなー」

 







 

「あのお客さん、もう行った?」

「行った行った。
ほんと、助かるね。
4XLなんてあの人しか買わないから」

 

 


 

ワシのご飯はまだかい?

■記事本文

「良子さん、ワシのご飯はまだかい?」

「おじいちゃん、

さっき食べたばかりでしょう?」

「おお、そうかそうか。
そうじゃった、そうじゃった。

ワシは腹いっぱいじゃ」

「ほら、もうなんにもわかってないのよ。

今日まだなにも食べてないのに」

「ほんとね。

一人息子の幸助さんも
独身のまま父親より先に死んじゃって、

もう血の繋がった肉親もいないんだし、
おじいちゃんも早く迎えにきてもらった方が幸せよ」

「私もいつまでも未亡人じゃ不安だし、

さっさと幸助さんの代わりを
見つけて再婚したいのよ…

でもあんなお荷物がいたんじゃ、
誰も結婚なんてしてくれないし」

「おーい、良子さん」

「はいはい、どうしました、

おじいちゃん」

「良子さん、ワシのご飯はまだかい?」

「おじいちゃん、

さっき食べたばかりでしょう?」

 







 

「もしもし、警察ですか。
実は死んだ息子の嫁から虐待を受けていて。

ええ、ワシのことをボケてると思い込んでて、
それをいいことに
ご飯を食べさせてくれないんです」

 

 


 

これら作品は、スマートフォンというあなたが普段使い慣れているツールを使い、情報を集め、真実を解き明かしていくスマホドラマ『Lie ~嘘と真実~』の物語の一部です。

『Lie ~嘘と真実~』の事前登録はこちらから