Screen-Shot-2015-04-13-at-10.09.38-AM-1

捨てられた食べ物を漁る人々に、心温まる貼り紙を出したレストラン

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

アメリカはオクラホマ州。サンドイッチショップ「P.B.Jams」のオーナーアシュリー・ジロンさんはある日、店の裏側でゴミを漁る人の姿を目撃します。

その光景に心を痛めた彼女は、店頭にある貼り紙を出します。
そして、その内容が今話題になっているのです。

そこにはこう書かれていました。

A photo posted by Greg King (@gregking8081) on

廃棄した残飯を食べて生活している人たちへ。
 
あなたは立派な1人の人間です。だからゴミ箱の残飯なんか食べないで下さい。
 
営業時間内に、ぜひお店にお越し下さい。
ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチと新鮮なサラダ、お水を無償でお出しします。
事情は尋ねません。
 
あなたの友人
オーナー

この彼女の温かい行動は、海外メディア取り上げられ、多くの人たちに称賛されています。

苦情や不満を表するのではなく、こんな視点で物事を捉え、行動に移せる人は素敵ですね。