衝撃!4分33秒の間、全く音を鳴らさないピアノ曲がある

衝撃!4分33秒の間、全く音を鳴らさないピアノ曲がある

まずはこちらのピアノ曲をお聞きください。

https://www.youtube.com/watch?v=JTEFKFiXSx4

何ということでしょう(笑)。ストップウォッチを押すだけで、ピアニストは全く演奏しません。

無音・・・。それには深い意味があった

この曲は、前衛音楽家ジョン・ケイジの「4分33秒」です。音楽は「音を鳴らすもの」という固定概念を覆した曲で、会場内外の雑音(風のそよぐ音やざわめきなど)を、聴くものとされています。

まるでお笑いのコントのような作品ですが、この楽曲には深い意味があります。クラシック音楽は、新しい曲になればなるほど、複雑化する傾向があるそうです。その流れに一石を投じたのが、最も単純な音楽「4分33秒」だったのです。

カラオケやiTunesにも無音

何とこの曲は、カラオケにも登録されています。もちろん、4分33秒間無音なだけです(笑)。

さらにiTunesでも販売されています。値段は150円です・・・。

常識を覆した「4分33秒」を満喫してください。